スポンサーリンク

はぎれで簡単な布の花のヘアアクセサリーを子供に手作りする作り方

小物
スポンサードリンク

ちょこっと余ったはぎれや小さくなってきれなくなった子供のブラウスなどで、布の花のヘアアクセサリーが簡単に作れます。
女の子は、かわいらしいヘアアクセサリーが大好きですよね。

それが、ママの手作りだと、すごく喜びますよ。
はぎれやちょっと余った綿レースなどと100円ショップで売っているビーズや綿のレース、
デコレーションボールなどを使ってかわいいお花が作れます。

また、ヘアバンドやヘアゴム、ヘアピンなども100円ショップで手に入ります。
とっても簡単でかわいい女の子が喜ぶお花のヘアアクセサリーの作り方を紹介します。

スポンサーリンク

布のお花のヘアアクセサリーを手作りするのに用意するもの

用意するもの
・はぎれ
 2枚合わせにして使うので、布は、綿ブロードや綿シーチングのようなうすいものがいいです。
・はさみ
・針と糸
・接着剤(手芸用ボンド)
・ヘアゴム、ヘアバンド、ヘアピンなど
・ビーズやボタン、デコレーションボールなど

「お花3種の型紙}クリックすると実物大の型紙が出てきます。
A4サイズの用紙に印刷して使えますのでご利用ください。
お花3種の型紙

はぎれ ヘアアクセサリー 作り方

はぎれを長方形に切って輪に縫いあわせたものを二つに折って
ギャザーを寄せtえ作っていきます。

実物大型紙のサイズ
3×11cm
4.5×16.5cm
6×22cm


はぎれを3種類の型紙で切りました。


余っていた綿レースも端の型紙を半分に折った出来上がりの寸法できりました。
(綿レースは重ねないで1枚で作ります)


糸は2本どりにします。
布を中表にして縫い合わせます。


布を中表にして半分に折って、縫い代3ミリくらいのところを縫い合わせます。


輪になった布を半分に折って布端を合わせて端から3~4㎜くらいのところを縫います。
大サイズの場合は、端から4~5mmくらいのところを縫います。
縫い目は小は3ミリくらい、中と大は5ミリくらいの粗い縫い目でぬっていきます。


縫い始めの玉止めのところまできたら、グーっと糸をひいてしぼり、ひと針返して玉止めにします。


これで、お花ができました。

スポンサードリンク


サイズと色々な布でお花を作りました。


お花を組み合わせて手芸用(木工用)ボンドでくっつけました


100円ショップに売っているビーズやデコレーションボールや
ボタンを手芸用ボンドでくっつけました。

お花で3種類のヘアアクセサリーの作り方

ヘアゴムにお花をつける場合は、1×3cmくらいの布を用意します。


1×3cmの布にボンドを塗ってヘアゴムをハサミます。


コの布とお花をボンドでくっつけます。


これでヘアゴムとお花がくっつきました。


100円ショップに売っているヘアバンドに、やはり100円ショップに売っている
お花の白いレースをボンドでくっつけて、底に作ったお花をくっつけます。


ヘアクリップにもボンドでくっつけてヘアアクセサリーができました。

100円ショップには、手芸の材料がたくさん並んでいます。
手軽に手に入り、簡単に女の子が喜ぶお花のヘアアクセサリーができます。

まとめ

はぎれを長方形に切って、粗めに縫ってグッと引き絞るだけで、簡単にかわいいお花のモチーフができます。
小さくなってきれなくなった夏のブラウスなどで作ってあげても喜びますよ。

また、100円ショップに作ったお花を飾るビーズやレーズなどもたくさんあります。
ヘアバンドやヘアゴム、ヘアクリップなどもたくさんそろっています。

手芸用ボンドでくっつけるだけなので、簡単で手軽にオリジナルのヘアアクセサリーができます。
女の子のヘアアクセサリーはいくつあっても喜ばれますよ。

スポンサードリンク
この記事を書いた人
コヤマナ

はじめまして、コヤマナと申します。

二人の孫がいるアラ還女性です。

短大の服飾美術科に入学したのがきっかけで洋裁やテキスタイル、アートフラワー、刺繍などを学びました。

コヤマナをフォローする
小物
スポンサーリンク
コヤマナをフォローする
ハンドメイドの翼

コメント

タイトルとURLをコピーしました