スポンサーリンク

子供の甚平を作るおすそめしない生地とおすすめの生地と柄はこれ!

赤ちゃん・子供服
スポンサードリンク

子供の甚平を作る生地のおすすめはどんなものがいいでしょうか。
夏の暑い時に着せるので通気性が良くてあせを吸ってくれる肌触りの良いものが良いですね。

子供の甚平には、木綿の生地がおすすめなのですが、もめんなら何でもよいのではないんです。

さらに、甚平に人気の柄はすいか、サクランボ、クジラ、キティ。金魚、恐竜、古典柄
桜、スイカ、スヌーピー、花柄、フルーツ、富士、ミッキー、ミニー、矢絣、あんパンパン
リボン、ドット、パイナップ,。ドラえもん、デニムなど、本当にたくさんありますね。

そこで、甚平におすすめしない生地とお勧めする生地、人気の柄を紹介します。

スポンサーリンク

子供の甚平を作る生地のおすすめ

子供の甚平を作る生地のおすすめとおすすめしないものはどう選んだらいいのか、
生地の特徴を見てみましょう。

おすすめしない生地

甚平は夏の暑い時期に着るものなので、通気性がよくて、汗を吸ってくれて、
肌触りに良いものが良いですね。

手縫いやミシンで初心者が縫いやすい生地として木綿の生地がいいのですが、
木綿の中でも甚平にはおすすめしない生地があります。

それは、綿ブロードとオックス生地です。
オックス生地はちょっと厚みがあるので向いていません。
綿ブロードは、汗を吸ってくれますが、目が詰まっているので、汗をかいた時の通気性が足りないです。

おすすめする生地

甚平に向いているのは、通気性がよくて、汗を吸ってくれて、肌触りに良いものですね。
木綿の中でも、ダブルガーゼ、リップル地、サッカー地、楊柳クレープ地などがおすすめです。

リップル地やサッカー地は、生地の表面に凹凸がありポコポコしているので、肌にぴったりとくっつかない。

楊柳クレープも波のような細かいしわのある生地なので、やはり肌にぴったりとくっつかないんですよ。

子供の甚平を作るなら、どちらの生地も、生地の凹凸や波のようなしわがあまり大ききくないものを選んだ方がいいです。

柄のむき

もう一つ、注意する点は、柄の方向です。
甚平は、前身ごろと後ろ身頃を続けて経ちますね。
そうすると、柄が同じ方向のものは、後ろ身頃が逆向きになってしまいます。

柄は、上や下や色々な方向を向いているものを選んだ方がいいですよ。
どうしても、同じ方向の柄で作る場合は、肩のところで、前と後ろを切り離して、
後ろも上を向くようにします。

甚平に人気の柄

甚平に人気の柄はすいか、サクランボ、クジラ、キティ。金魚、恐竜、古典柄
桜、スイカ、スヌーピー、花柄、フルーツ、富士、ミッキー、ミニー、矢絣、あんパンパン
リボン、ドット、パイナップ,。ドラえもん、デニムなど、本当にたくさんありますね。

楽天市場には、とてもたくさんの生地がそろっていますので、リップル地と楊柳クレープで人気の柄のいくつかを紹介します。

楽天市場のリップル生地の売り場はこちら

クジラ柄

ダブルガーゼの北欧風クジラ柄です。

リップル地の波とクジラです。

フルーツ柄

サクランボとドットの組み合わせがかわいい柄のリップル地です。

金魚

イラストレーターおぐらくみこさんによるデザイン
ぷくぷく泡の中を気持ちよくおよぐ金魚の柄が大人にも子供にも使えます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【数量5から】 生地 『リップル こどものえくぼシリーズ 金魚 ブルー ECB-49-BL』
価格:135円(税込、送料別) (2022/9/9時点)

スポンサードリンク

赤い色に水草と金魚の柄が夏の日差しに映えそうですね。

花柄

コロコロした金平糖とアジサイの柄
パッと開いた花火にも見えますね。

ピンク地にウサギと桜の柄が優しい雰囲気ですね。」

薄手でフワッとしたローン生地をリップル加工しています。
小花柄が甚平だけではなくワンピースなどの洋服にも合いますね。

古典柄の雰囲気のある花柄です。
浴衣にしても可愛いですね。

赤ちゃん 甚平 麦わら帽子

赤tyんに甚平を着せて外出する時に、日よけ&紫外線対策に麦わら帽子をかぶせてあげると、
とってもかわいいですよ。

耳付きのかわいいデザインは洋服にも合いますね。

まとめ

甚平に向いているリップル生地はとてもたくさん苧殻があります。
家の近くに生地屋さんgああればいいのですが、交通費だけで2,000円もかかって、
品ぞろえも限られています。

それでもお気に入りが見つかればいいのですが、なかなか見つからないことがあります。
楽天市場のリップル生地は扱いがとても豊富なので、きっとお気に入りが見つかりますよ。

楽天市場のリップル生地の売り場はこちら

スポンサードリンク
この記事を書いた人
MANA

はじめまして、MANAと申します。

二人の孫がいるアラ還女性です。

短大の服飾美術科に入学したのがきっかけで洋裁やテキスタイル、アートフラワー、刺繍あどを学びました。

MANAをフォローする
赤ちゃん・子供服
スポンサーリンク
MANAをフォローする
ハンドメイドを楽しむための糸と針と布のキホンのキ

コメント

タイトルとURLをコピーしました