スポンサーリンク

ミシンで名前の文字入れ刺繍が簡単にできて使いやすいのはこれ!

ミシン
スポンサードリンク

子供さんやお孫さんの入園・入学を機にミシンでグッズや服を作りたい、
名前の文字入れや刺繍が簡単にできて使いやすい機種はないかとお探しではありませんか。

ミシン刺繍ができる機種は高額だし、持ち物の名入れに使う以外は、
きんちゃくやレッスンバック、服作りなどに使うことが多いと、ミシンかけがしやすいことも選ぶポイントですね。

そこで、自動糸調子や自動糸切り、抑え厚調節ができて薄い生地から厚い生地までどんどん縫えて、
スピードもゆっくりから速くまで、調節できるので、初心者から中級者まで使い勝手がよくて、

フットコントローラーとワイドテーブルがついてくる初心者から中級者がt買いやすい機種のおすすめを紹介します。

スポンサーリンク

ミシンで名前の文字入れ刺繍が簡単にできるのはこれ!

ミシンで名前の文字入れ刺繍が簡単にできるおすすめ機種が、シンガーモナミヌウαSC327です。
保育所や幼稚園入園、小学校入学時にきんちゃくやハンカチなどの持ち物に便利な文字縫い機能です。

ひらがな80文字、漢字34文字、アルファベット60文字(数字・記号を含む)が刺繍できます。
文字縫いに英字小文字があるのは、使い道が広がりますよ。

これまでの文字縫い機能のミシンの中では、入力方法が一番簡単なんですよ。

260種類の縫い模様がトップカバー裏に一覧表で載っていまるので一目で必要な模様が探せます。
液晶画面の下にある選択ボタンを押すと画面が変わるのでそこで設定できます。

文字の大きさは変えられませんし、名前の漢字の入力はできませんが、
保育園や幼稚園入園や小学校入学の年齢の子供さんの、ネームシールでは剝がれやすいものの名入れに向いています。

小文字は使い道がありますし、ママが名前を縫ってくれたなんて、子供さんがとってもよろこびますね。
ママが見地入れをしたきんちゃくは大切に使ってくれますよ。

手刺繍だと難しい漢字やアルファベットをもっとたくさん刺繍したい方は以下の刺しゅう機が取り付けられます。

また、シンガーモナミヌウαSC327は、おとがしずかなので、赤ちゃんが寝ているそばや、夜にミシンかけをする時に音が気になりません。
の糸調子は、そして、文字入れの刺繍ができる以外に、薄地から厚時まできれいに縫えて、使いやすい機能がたくさんです。

そして、音が静かなので、赤ちゃんが寝ている横やリビングで家族がテレビを見ている時にも使えるんですよ。
これから、どんどんミシンを使ってサテンのような生地で服を縫いたい写真者から中級者の方が使い勝手がいい医機能が満載です。

アパートやマンションで、夜遅い時間にミシンかけをして音が響くことを気にせず使えます。

ミシン初心者や中級が使いやすいシンガーモナミヌαSC327の機能

シンガーモナミヌウαSC327は、文字入れ刺繍ができる以外に、初心者や中級者が使いやすい機能がたくさんあります。
ひとつずつ見ていきましょう。

自動糸調子

これは、ミシン初心者さんが欲しいと揚げる機能なんです。
難しい操作をしなくても薄地から厚地まで陽毛糸調子を自動で調節します。
シンガーモナミヌαSC327の糸調子は、高級刺繍ミシンで採用されているコンピュータ自動制御なので、
直線縫いから模様縫いまで最適な糸調子で縫えます。

三段階抑え厚調整と7枚送り歯

薄地、普通地、厚地と布の厚さによって抑える圧力を簡単に調節できます。
この機能があると、シルクサテンのような薄くてツルツルの記事で、子供の発表会のドレスを縫う時も、木綿の生地できんちゃくやスカートを縫う時も、
キルティングでレッスンバックを縫うう時の厚みのある持ち手を付ける時もきれいに縫えます。

また、布を送るための送り歯が7枚あるので、段差がある場合や生地の端から縫う時にしっかりと布を送ってくれるのできれいに縫えます。

スピードの調節

スピードがものごくゆっくりから、目で追うのが大変悪来なくらい速くまで調節できます。

ミシンをかけている途中に、ワンタッチスローボタンを押すと、さいていすぴーどにづることができるので、

もう少しで直角に角度を変える時やカーブに差し掛かった時に大活躍します。
そして、もう一度ボタンを押すと元のスピードに戻ります。

本当に便利な魔法のボタンですね。

自動糸通し・自動糸切り

自動糸通しは、ピンと糸を張る角度があるんです。
うまくできないという方が多いですが、慣れればとっても便利な機能です。

目が疲れていて縫い針に糸を通せない時でも、ミシンの自動糸通しのおかげでみしんかけができるんですよ。

もっと便利なのが自動糸切りなんです。
縫い終わったら、挟みボタンを押すだけで上下に戸を切ってくれます。
そしてそのまま次のミシンかけができるんです。

バザーの出すきんちゃくをたくさん縫う時や3~4人分のアロハシャツを一度に縫う時にすごく便利です。

自動糸切りに慣れたらもう手放せません。

すごく便利な標準付属品

シンガーモナミヌウαSC327には、すごく便利なフットコントローラーとワイドテーブル、ハードケースが付属品として溶いてきます。

フットコントローラがあると、足でスピードの調節ができるんですね。
そうすると、両手でしっかり縫うものを抑えることができるんですね。

これは、ミシンかけをする時にとっても大事なことなんです。
スピードのコントロールをするために、一瞬手を離さなければなりませんよね。
フットコントローラーを使うと、全く手を離さなくてもいいので、しっかりと縫えるんですよ。

そして、縫うものがカーテンやすその広いうカート、パンツの股のカーブなどを縫う時、
布をしっかり広げて置けるワイドテーブルは欠かせません。

小さなスタイを縫う時だって、カーブが多いデザインのものなどもワイドテーブルで、
しっかりと広げた状態で縫えると本当に六銭通りにきれいに縫えます。

フットコントローラとワイドテーブルがついてくるのはすごくうれしいです。

また、フットコントローラーと取扱説明書がすっきり収納できるハードケースは、
ミシンをすーっと守ってくれるものです。

お得に買える同時購入品

お得に買える同時購入品で、是非買っておきたいのが、10色糸Sセットと直線用針板です。

糸と針とボビンがあると、ミシンが届いた瞬間から使えます。
とってもお得な値段で購入できるチャンスですよ。

そして、ボビンは高さが2種類ありますので、今後、買い足すときによく確認して買ってくださいね。

もう一つ、直線用針板も是非揃えておきたいものです。
ミシンは、ジグザクや模様縫いができる分、直線縫いがブレるんです。
そのブレを出来るだけ少なくしてきれいに縫うことができる針板ですので、この機会に購入をおすすめします。

ミシンで名前の文字入れ刺繍が簡単にできて使いやすいのはこれまとめ

子供さんやお孫さんの入園・入学を機にミシンでグッズや服を作りたい、
名前の文字入れや刺繍が簡単にできて使いやすい機種をお探しの方に、
シンガーモナミヌウαSC327がおすすめです。

ひらがな80文字、漢字34文字、アルファベット60文字(数字・記号を含む)が刺繍できます。
文字縫いに英字小文字があるので、使い道が広がります。

音が静かなので、赤ちゃんがいる方や、リビングで家族がテレビを見ているところでもミシンかけが可能です。

自動糸調子や自動糸切り、抑え厚調節ができるので薄い生地から厚い生地までどんどん縫えます。
スピードもゆっくりから速くまで、調節できるので、初心者から中級者まで使い勝手がいいですよ。

フットコントローラーとワイドテーブルがついてくるところが、手作りの幅を広げてくれます。

スポンサードリンク
この記事を書いた人
MANA

はじめまして、MANAと申します。

二人の孫がいるアラ還女性です。

短大の服飾美術科に入学したのがきっかけで洋裁やテキスタイル、アートフラワー、刺繍あどを学びました。

MANAをフォローする
ミシン
スポンサーリンク
MANAをフォローする
ハンドメイドを楽しむための糸と針と布のキホンのキ

コメント

タイトルとURLをコピーしました