スポンサーリンク

ハロウィン巾着(ランチョンマットに変身)の手作り超簡単な作り方

ハロウィン
スポンサードリンク

ハロウィンといえば、かぼちゃ(ジャックオーランタン)の飾りやコスチュームなどでたくさん楽しめますよね。

ハロウィン柄の生地できんちゃくを作って、お菓子を入れてあげるととっても喜びますね。

きんちゃくの作り方は色々ありますが、かぼちゃきんちゃくがランチョンマットに変身すると子供は大喜びです。

作り方は超簡単でミシンを使い慣れていない方でも簡単に作れます。

超簡単なかぼちゃきんちゃく(ランチョンマット)の作り方と便利な洋裁道具を紹介します。

スポンサーリンク

ハロウィンのかぼちゃ巾着(ランチョンマットに変身)の簡単手作りを解説

【材料】
お好きな生地2枚 25,5×25,5
リボンやひもなど 80cm×2

【作り方】

2枚の生地を内側を表(中表)にして重ね1cm内側をぐるっと1週縫います。
表に返すための返し口を5㎝ほど開けて縫います

4つ角を三角にカットして縫い代をアイロンで倒します。
そうすると表に返した時にもたつかずすっきりと仕上がります。

返し口をコの字閉じで縫い合わせます。

外側から2~3㎜くらいのところにミシンをかけます
4つ角を折って縫います
外側になるほうの生地(オレンジ)を上にして角からそれぞれ7,5cmのところで折って3角形を作ります
端から1,3cmのところにミシンをかけます

ひも2本を通して箸を結びます

ひもをぎゅっと絞っていきます

はい、ランチョンマットがかぼちゃきんちゃくに変身しました。

今回は、手持ちの生地とコードで作りました。
サイズは大き目のみかんくらいになりました。

布のサイズを45cmくらいにするとかぼちゃの顔が書ける大きさになりますよ。

時短にもなる便利な洋裁道具

今回はかぼちゃきんちゃくをミシンで制作しましたが、返し口のこの字閉じは手縫いをしました。
わずか5センチ程度なので、ミシン糸で縫ってもいいのですが、
ミシン糸と手縫い糸は寄りの方向が違うため、手縫いの時は手縫い糸を使います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

デュアルデューティー/260
価格:286円(税込、送料別) (2022/8/28時点)

私が愛用している手縫い糸は、パッチワークキルト用のデュアルデューティーです。
適度なハリがあるのでかなりの長さでもよれることがありません。

また、老眼なので、針に糸を通すことがあとっても大変です。
そこで、糸通しをつかいました。
ちょっと強く引っ張ると切れてしまうけれど、とっても便利で、手放せません。

かぼちゃ巾着(ランチョンマットに変身)に適した生地

今回使用した生地は無地がパッチワーク用のむら染め、水玉模様の生地はやや荒目の織りの麺の生地です。
どちらもあまり厚みがなく、柔らかい布です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スポンサードリンク

シーチング 生地 水玉 ドット スケア 3mmドットプリント 綿100% 約110cm巾 日本製【50cm以上10cm単位での販売】
価格:55円(税込、送料別) (2022/8/28時点)

今回の、かぼちゃ巾着はランチョンマットに変身させるため、厚くて硬い生地は向いていません。
厚手のデニムや帆布などは不向きです。

オックス程度でも、今回のようなサイズだと向いていません。
45cmくらいの大きさにすると、裏に使う生地を薄くすればいいですよ。

25㎝程度だと薄くて柔らかく折り目が粗すぎない綿ローンやシーチングが作りやすく、
きんちゃくにキュッと縮めた時のシルエットがきれいに出ます。

また、サテンを使ってこう少しサイズを小さくすると、クリスマスのガーランドのようになってツリーに飾ることもできますよ。

45cmくらいの大きさにすると、かぼちゃの目と口をアイロン接着フェルトでつくってはることもできます。

また、子供たちに布に書けるペンで目と口を描いてもらうのも楽しいですよ。

ハロウィンのハンカチを利用する

生地を2枚合わせて縫うと、オリジナルの組み合わせができますが、
ハロウィン柄のハンカチを使って三角に折って縫うだけできんちゃくに変身するランチョンマットができます。
これだと縫うt頃が少ないので、時間がない方や手縫いで作る方にもおすすめです。

48×48の大きさはこちら

小さな手ぬぐいハンカチ30×30はこちら

                                                                                  

まとめ

ハロウィンに、ランチョンマットが、かぼちゃきんちゃくに変身する、
それがママの手作りだなんて、子供がとっても喜ぶに違いないですね。

作り方はとても簡単なので、洋裁初心者でもすぐに作れます。

私も孫の喜ぶ顔が見たくて、忙しい合間を縫って楽しんでいます。

スポンサードリンク
この記事を書いた人
MANA

はじめまして、MANAと申します。

二人の孫がいるアラ還女性です。

短大の服飾美術科に入学したのがきっかけで洋裁やテキスタイル、アートフラワー、刺繍あどを学びました。

MANAをフォローする
ハロウィン
スポンサーリンク
MANAをフォローする
ハンドメイドを楽しむための糸と針と布のキホンのキ

コメント

タイトルとURLをコピーしました