あさイチで見たダニ退治@4布団は掃除機のノズルを変えて死骸吸引

あさイチで見たダニ退治@4布団は掃除機のノズルを変えて死骸吸引

スポンサードリンク

akinodanitaisaku

2017年9月26日のNHKあさイチで
「秋こそダニにご用心」が特集されました。

秋はダニの死骸やフンが大量に増える季節
なんですね。

布団やじゅうたん、ソファーなどのダニ対策
についてまとめました。

秋こそダニに要注意

秋になると、鼻水やせきや目のかゆみなどのアレルギー症状が
出る人がいます。
その原因の一つとして考えられるのが、布団や布のソファーや
絨毯に潜んでいるチリダニなんですね。

人の体に入り込み、様々な症状を引き起こす厄介者なんですね。

東京アレルギー・呼吸疾患研究所の白井秀治さんによると、
秋は、ダニの繁殖は収まるけれど、梅雨から夏にかけて
増えたダニが死んで、市街やフンが1年で最も多くなる
喜悦だと話してくれました。

ダニは高温多湿な環境を好み、梅雨から夏にかけて大繁殖
するんですね。
ダニの寿命は3か月程度なので、涼しくなる秋には死んで
しまい、大量の死骸とフンが残るんですよ。

生きているチリダニの大きさは、およそ0.3mmです。
一方死骸のほうは、乾燥してさらに小さくなるんですよ。
フンに至っては、0.01mmなんです。

生きているダニは、死骸に比べると大きいので、気管支の
末端まで行くことはないんですよ。

しかし、死骸やフンはとても小さい粒子なので、気管支の
末端まで届いてしまい、発作を引き起こすそうです。

スポンサードリンク

そこで、布団の秋のダニ対策は

2017年9月26日のNHKあさイチでは、子供さんのせきに
悩んでいるお宅を訪ねていきました。
そして、布団にダニのフンがどれほどついているのかを調査
しました。

鑑定の結果、2000匹以上のダニがいることが分かりました。
そこで番組で置かなったダニ対策は以下の通りでs。

布団を丸洗いしてフンと死骸を洗いながず
 ダニの死骸やフンは水溶性なので、水に溶けてながれます

丸洗いできないものは掃除機で吸い取る
 1平方メートルあたり、およそ20秒間掃除機をかける
 その時、布団専用のノズルを使うと、布団の生地を吸い込まず
 市街やダニを吸い取ることができます。

 専用ノズルがない場合、使うノズルにしとっキングをかければ
 代用できますよ。

 また、冬用のしまっておいた布団は、大量のダニやフンが付着
 している可能性があるので、部屋を換気した状態で、一度掃除機を
 かけt使ったほうがいいとのことです。

じゅうたんや畳、布ソファーなどの秋のダニ対策は

布団だけではなく、家の中では、じゅうたん、畳、布製のソファー
座布団、クッション、ぬいぐるみなどにもダニの死骸やフン、ダニが
潜んでいる場所なんですね。

これらについても、1平方メートルあたりおよそ20秒間、掃除機で
吸い取ります。

掃除機をかけるタイミングですが、じゅうたんや畳、ソファーなど、
歩き回ったり、座っていたりして、動きがあった後の約1時間後
がおすすめなんです。

動き回ったりしている時にダニのフンや死骸は、空気中に舞っている
んですね。
そして、舞っているダニやフンが落ち着くのが約1時間後なんですよ。

また、こうした舞っている兄の死骸やフンを取り除くのに、
空気清浄機もとても有効な対策なんですよ。

布団に潜んでいるダニや死骸やフンは、布団専用の掃除機でなくても
吸い取ることができるんですね。

ダニの死骸やフンが、大量に出る秋は、カビとともに、秋にしっかり
対策をして、咳などが出ないように過ごしたいですね。

スポンサードリンク

Similar Posts
歯医者の選び方で悩んでいる小樽市の方に参考になるといいです
歯医者の選び方で悩んでいる小樽市の方に参考になるといいです
スポンサードリンク 右左上の八重歯の金属が取れそうになり、歯医者さんに いかなければならなくなりました。 私は...
歯ブラシはどれがいい?マツコのCMピュオーラの使用感
歯ブラシはどれがいい?マツコのCMピュオーラの使用感
スポンサードリンク 歯ブラシって、とてもtく酸の種類が発売されていますね。 今、虫歯の治療に歯医者さんに通って...
歯磨きの正しいやり方を虫歯の治療中に歯医者さんに教えてもらいました
歯磨きの正しいやり方を虫歯の治療中に歯医者さんに教えてもらいました
スポンサードリンク ただいま、虫歯に治療に歯医者さんに通っています。 右上の八重歯にかぶせていた銀歯の部分が取...

There are no comments yet, add one below.

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website