塩レモンのように、レモンを調味料として使うくらいレモンの栄養効果はすばらしい

塩レモンのように、レモンを調味料として使うくらいレモンの栄養効果はすばらしい

NHKあさイチでも再度登場した塩レモンは、優れた万能調味料として
根強い人気がありますね。

そもそも、レモンにはどんな栄養素が含まれていて、どんな効果があるのでしょうか?

レモンに含まれる栄養素
ポリフェノール:抗酸化成分、アンチエイジング効果

ビタミンC:コラーゲンの合成に深く関与、美肌効果、喉の痛みを軽減

リモネン:リラクゼーション効果

クエン酸:酸味成分
     新陳代謝をUPして、ダイエット効果や、冷え性の改善
     血液を浄化して流れをよくするので、動脈硬化・高血圧予防に
     つながり、腎臓の機能も改善

腎臓結石を予防:カルシウムなどのミネラル吸収を促進

カリウム:塩分や老廃物の排出を促す

ペクチン:ジャムを作る際にジェル状にする成分
     ”ペクチン”という食物繊維が腸の蠕動(ぜんどう)運動を促進
     腸内の善玉菌である乳酸菌を増殖させ、腸の調子を整える
     血糖値の安定やコレステロール値の低下にも効果

レモンの効果について

レモンの皮には、アレルギーの原因物質であるヒスタミンを抑制する効果

レモンの香りには、リモネンというリラクゼーション効果のある成分が含まれている

寝起きにレモン:レモンの香りを嗅ぐ、もしくはすっぱいレモン果汁を摂る
        ことが、体内時計をリセットする効果

        ※長時間の仕事のあとにレモンを摂ることもオススメ

むくみ改善やデトックス効果:腎臓が元気になると、余分な水分、老廃物や
              毒素をしっかり排出できる

カルシウムの吸収を高めてくれる効果:カルシウムが入っている牛乳や
                  ヨーグルトに少しレモンを足すだけでOK。
                  クエン酸は、カルシウムなどのミネラル吸収を
                  促進するので、骨粗しょう症の予防にも。

スポンサードリンク

血圧低下や肥満を促すホルモンを抑制する効果

スポンサードリンク

レモンの美容効果について
大人のニキビに
酸性のレモン果汁が、ニキビの原因となっているバクテリアを殺菌し、
肌の酸度を増やして余分な皮脂をカット。
肌トラブルを引き起こしている炎症を鎮めてくれる。

【使用方法】
レモン果汁を化粧用コットンにつけ、ニキビや吹き出物ができている
エリアにやさしくあててみましょう。
これを1日に数回繰り返してみてください。

簡単クマ消し
コットンにレモン果汁を浸し、オリーブオイル少量を全体に垂らして
クマの上にのせましょう。

ワキ下の匂いを消すデオドラントに
嫌な匂いの元となっているバクテリアを攻撃して、その匂いを消し去る効果。

髪のフケに
頭皮の雑菌をレモンの殺菌力で除去。

【使用方法】
レモン果汁カップ1杯を頭皮全体につけ、タオルで髪をまいて
1時間ほどおきます。
その後、よく水で洗い流してから、いつものようにシャンプーをしてください。
これを症状のよくなるまで、週1~2回の頻度で行いましょう。

※頭皮が乾燥している場合・・・
ココナッツオイルをつかったDIYリペアパック。
人肌に温めたココナッツオイル小さじ2杯に、レモン精油と
カモミール精油を1滴ずつ加えたもので、頭皮を5分ほどよくマッサージ。
その後、ホットタオルを頭において20分ほどたってから、
シャンプーで洗い流します。

爪の強化
もろくなった爪を強く美しくするには、あたたかいレモン水に、
指を10分間浸すといい

便秘解消に
レモンにはペクチンといわれる植物繊維が豊富。
ペクチンが、腸内でジェル状に溶けて、たまっているものをやわらかくし、
排泄しやすい形態に。

スポンサードリンク

There are no comments yet, add one below.

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website