初盆(新盆)のしきたりと過ごし方@家が留守ではいけないの?

初盆(新盆)のしきたりと過ごし方@家が留守ではいけないの?

故人が亡くなって初めて迎える初盆(新盆)は
どのように過ごしたらいいのでしょうか?

お盆休みが貴重な休日で、やりたいことが
色々ある中、家を留守にしては失礼に当たるのでしょうか。

初盆(新盆)は、故人様にとっても残された家族様に
とっても、一生に一度のことですね。

どう過ごせばいいのかを知って、悔いのないように
過ごしましょう。

初盆(新盆)の意味とは

初盆(新盆)とは、故人様が亡くなられてから四十九日がすぎてから
初めて迎えるお盆のことを言うんですよ。

初盆と新盆は同じ意味です。
初盆は、「はとbん」と読みますが、新盆は地域によって「にいぼん」
「あらぼん」「「しんぼん」と違う読み方をします。

初盆(新盆)は、個人様を初めて迎えるため、親族の他に、故人様と
生前ご縁があった方をお招きして、僧侶に読経を読んでいただくという
地域もあります。

なお、四十九日より前にお盆が来た場合は、翌年のお盆が初盆(新盆)
となります。

スポンサードリンク

新盆(初盆)の日程としきたり

お盆には、これはこの日にしましょう、というある程度の決まりがあります。
全体の流れを以下に記します。

8月7日:七日盆(なぬかぼん)
まず、お掃除をします。お墓や仏壇、仏具などをきれいにしておきましょう。

8月12日:草の市(くさのいち)
盆棚に飾るものを準備します。盆花や真菰(まこも)【イネ科の多年草】、
ロウソクなど
盆棚に飾る花は盆花(ぼんばな)と言います。
桔梗(ききょう)や萩(はぎ)、鬼灯(ほおずき)など、秋の草花を
飾ります。

スポンサードリンク

8月13日:迎え盆
故人様の御霊を迎え入れます。
お墓参り、提灯を灯す、迎え火を焚くなど、地域によって違う場合があります。

8月14日15日:盆中日(ぼんなかび)
お墓参りや読経、会食などを行います。

8月16日:送り盆(おくりぼん)
故人様の御霊をお見送りします。送り火を焚く

なお、お盆の風習やしきたりは、地方によって異なります

初盆(新盆)に家を留守にしてもいいのでしょうか

普段、故人様となられた方と、離れて住んでいる方が多いかと思います。

残された家族様に、初盆だから、帰省して実家にいるように言われた
という方や、毎年、親戚のお墓参りのため新盆に3日間も家を留守に
しなければならないのはどうなんだろうか、と悩んでいる方がいます。

初盆(新盆)というのは、親戚の方や故人様のゆかりの方が訪ねて
来られる方が多いんですよ。
そんな時に、家を留守にすると、一般的には、親戚付き合いや、
故人様のゆかりの方たちにとても失礼になります。

故人様の御霊をお迎えし、親戚やゆかりの方たちの訪問を、家で
待っているのが、礼儀なんですよ。

地方によっては、お盆の過ごし方やしきたりが違う場合がありますので
確認してくださいね。

管理人は、両親が健在です。祖父や祖母の時には、実家が商売をして
いましたので、1日中家にいられないことを知っている親戚が、
朝早くから、訪ねて来てくれて仏壇に手を合わせてくれたのを
覚えています。

親戚とトラブルにならないように、初盆の過ごし方を相談してみるのも
いいですよ。

スポンサードリンク

Similar Posts
逝去と死去の違いは?@社会人として知っておくべき使い方
逝去と死去の違いは?@社会人として知っておくべき使い方
弔電に「ご逝去」と書かれているけれど、意味は? 「死去」とは何が違うのだろうか? 学生の時は、気にならなかった...
あさイチ今時のお葬式事情とお葬式の前にすることの流れ
あさイチ今時のお葬式事情とお葬式の前にすることの流れ
2016年3月16日NHKあさイチは今時の お葬式の特集でした。 ドライブスルー型のお葬式やシンプルな お葬式...
御香典と御霊前と御仏前の違いの解説と四十九日法要に使うのはどれ
御香典と御霊前と御仏前の違いの解説と四十九日法要に使うのはどれ
葬儀に参列する際には、香典を持っていきますよね。 いざ不祝儀袋を買おうとすると、御香典、御霊前、 御仏前などの...

There are no comments yet, add one below.

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website