あさイチ口内フローラと歯周病の関係と体への影響が深刻

あさイチ口内フローラと歯周病の関係と体への影響が深刻

2016年5月9日、NHKあさイチで口内フローラが
特集されました。

口の中には様々な菌が存在しています。
口の中の菌のバランスを整えてくれるものから
歯周病を引き起こすものまで実に様々な
働きをします。

口内フローラの放送内容をまとめました。

 

 

全身の病気と口内細菌

口の中は、粘膜が露出しているため、外敵からの攻撃に
弱い場所ですね。
そのため、外敵から口内を守るためおよそ700種、1000億個の
細菌が、バランスを絶妙に保ちながら口内フローラを形成しています。

その中には、虫歯の原因になるミュータンス菌やお口を守るミティス菌
などがいるんですよ。
口内フローラが乱れると、歯周病がおきますが、歯周病によって出来た
虫歯は、全身の病気に関わっていることがわかってきたんですよ。

スポンサードリンク

口内細菌が全身の病気に関わるメカニズムとは

口内フローラが乱れると、なぜ様々な病気に関わっていくのでしょうか?
細菌が原因となって虫歯ができる場合、虫歯によって出来た穴などから
細菌が侵入して病気をひきおこすんですね。

そして、歯周病によって歯茎が腫れると、サイトカインという物質が
発生します。
このサイトカインが血管に流れ込み、全身を巡ると心臓病等のリスクが
高くなるんですね。

免疫力が十分であれば、さほど問題がないんですが、40代以降の
免疫力が落ちてくる年齢では要注意なんですよ。

スポンサードリンク

虫歯の原因となるミュータンス菌は微小脳出血に関わりがあるとの
研究結果が発表されました。
通常では血管から出血するとコラーゲンなどが結合して血を
止めるんですが、ミュータンス菌が血管内に侵入している場合
コラーゲンと結合して血小板の働きを妨げてしまうんですよ。

歯磨きはやっぱり大事です

番組では、歯磨きを1日3回、丁寧に行う女性と、歯磨きは、
夜の1回だけで、時間がなければシャカシャカと適当にやる
という女性のメタゲノム解析を行いました。

メタゲノム解析とは、細菌の遺伝子情報を読み取り種類を特定して
口内の細菌の状態を調べる方法です。

その結果、歯磨きをこまめにしっかり行う女性の歯周ポケット
からは158の細菌がみつまりました。
その中には複数の歯周病菌が見つかりました。
そして、唾液の中からは、3割ほどの歯周病に関係する菌が
見つかりました。

一方、歯磨きをあまりしない女性の刺繍ポケットからは、
173個の細菌が見つかり、唾液の中からは4割ほどの歯周病に
関系する菌が見つかりました。

歯磨きを丁寧にしても多くの細菌が口内には存在します。
ですから、歯磨きや歯間ブラシを使っての歯のケアは大事なんですよ。

最近の歯医者さんは、歯磨きの指導など、虫歯の予防に関する
指導があります。

正直言って、ちょっと面倒くさいんですが、老後の健康のために
指導を受けることにします。

スポンサードリンク

Similar Posts
金スマでがんこな便秘を改善した小倉優子さんの腸活
金スマでがんこな便秘を改善した小倉優子さんの腸活
2017年5月12日の金スマで小倉優子さん、小島奈津子さん、 ざわちんさんのがんこな便秘を改善した7つの腸活が...
花粉症の症状で汗が出るというのがあるのをご存知ですか
花粉症の症状で汗が出るというのがあるのをご存知ですか
花粉症の方にとって、春の訪れとともに、つらい季節が またやってきましたね。 今や4人に一人が花粉症と言われてい...
あさイチペットの高齢化に伴う介護の方法を考える
あさイチペットの高齢化に伴う介護の方法を考える
016年5月11日NHKあさイチでペットの高齢化が 放送されました。 人間同様ペットの高齢化に伴い、ケアが必要...

There are no comments yet, add one below.

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website