父親が子育てに与える影響は核家族だからこそ重要なんです

父親が子育てに与える影響は核家族だからこそ重要なんです

近頃、イクメン(父親が積極的に子育てに関わる)が
注目を集めています。

核家族化が進み、同居による姑への気使いが無い反面
子育ては、全てを夫婦が担わなければなりません。

すると、父親の子育てへの役割は重大になりますね。
そこで、父親が子育てに与える影響をまとめました。

父親が積極的に育児に関わることでメリットがいっぱい

海外では、父親の子育てについての研究がそそんでいます。
その研究によると、父親が育児に関わることのメリットが
たくさんあるといいます。

父親が、子供とたくさん会話をすることで、子供の成績がアップする
と言われています。
6歳までは、母親との会話が重要ですが、7歳を過ぎると父親と
理論的な話をすることで、理論的思考、判断力がアップするため
国語や算数の成績もアップすると言われています。

また、父親にオムツを替えてもらう赤ちゃんは、母親がオムツを替える
より、2倍笑うと言われています。

休日に6時間以上父親と遊ぶ子供は、1時間未満しか遊ばない
場合に比べて、我慢強さが身につき、ストレスに強くなるそうです。
父親が、ある程度厳しく接することで、社会性が向上しルールを守る
ことが身に付くようです。

さらに、父親が本をよく読むと、子供も本をよく読むようです。
読書量が豊富な父親は、ボキャブラリーが豊富なため、子供の
言語が発達するというデータがあるんですよ。

スポンサードリンク

母親の子育ての負担が軽減されると家庭が円満になります

母親は、子育てをするのがあたりまえと言ってしまえばそれまでですが、
24時間、365日、休日というものがありません。
常に、子供に振り回されているといっても過言ではありません。

スポンサードリンク

核家族化は、姑に対して気を使わなくてもいい代わりに、何もかも
母親の手にかかりますし、不安なことがあっても、どうしていいのか
わからず、落ち込んでしまうことがありますよね。

そんな時、唯一助けてもらえるのが父親ですよね。
ちょっとの間、子供を見ていてもらう、オムツを替えてもらう、
子供の話し相手になってもらう、お風呂に入れてもらう、などなど
手伝ってもらえると、母親の負担が減りますよね。

すると、母親に肉体的にも精神的にもゆとりが生まれ、イライラする
ことも減りますね。
そして、家庭円満につながりますね。

父親と母親の両方から愛されているという安心感

父親と母親の両方が子育てに関わると、子供は、とても安定した気持ち
でいられるため、10歳という年齢で「自分は生きていても仕方がない」
と思う割合が格段に低いという研究結果が出ています。

家庭というのは、一番小さい社会の単位なんですね。
そこで、元々は他人で、生まれも育ちも違う父親と母親が
時には、意見が合わないことなどを乗り越えて、協力して
育児をしていく、子供の成長を見守っていくという姿勢が
子供を育てているつもりが、子供に育てられているものなんですよ。

世の、母親の皆様、あなたの旦那様が、育児に協力的だったら、
それを当たり前と思わず、仕事が忙しいのに育児にも協力してくれて
ありがとう、という気持ちで接していれば、もっと協力してくれると
思いますよ。

スポンサードリンク

Similar Posts
着物と帯の処分は中高年でもできる無料出張買取で
着物と帯の処分は中高年でもできる無料出張買取で
残された家族の手を煩わせずに着物と帯を処分したいと 考えていませんか。 そこで、思ったよりもとっても簡単に着物...
あさイチ女のほけん室はオリモノの悩み対策
あさイチ女のほけん室はオリモノの悩み対策
2016年6月20日NHKあさイチ、女のほけん室は オリモノの悩みについてでした。 女性にとって、大なり小なり...
あさイチ子供を産まない生き方有働アナが苦悩の末決心した生き方とは
あさイチ子供を産まない生き方有働アナが苦悩の末決心した生き方とは
2016年5月18日NHKあさイチ女性リアルでは 子供がいない生き方の特集でした。 女優山口智子さんの子供を産...

There are no comments yet, add one below.

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website