あさイチ乳がんが再発したときの苦悩を生稲晃子さんたちと語る

あさイチ乳がんが再発したときの苦悩を生稲晃子さんたちと語る

2016年4月13日NHKあさイチで乳がんの再発が
取り上げられました。

乳がんの場合10年生存率となると、長い治療期間
での副作用の心配や、終わることのない治療への
不安が大きいんですね。

2度の乳がん再発を経験した生稲晃子さんほか
乳がんの再発を経験した方たちが向き合う姿を
特集しました。

二度の乳がん再発を経験しt生稲晃子さん

生稲晃子さんは、2011年に乳がんを発症しました。
幸い、早期発見だったため、乳房切除にはいたりませんでした。
乳房は温存され、その後、ホルモン治療を受けてきました。

乳がんのおよそ7割が、女性ホルモンが癌の増殖に関係する
タイプだといいます。
ホルモン治療は、ホルモン剤を服用し、がん細胞が女性ホルモンを
取り込めなくして増殖を抑える治療法です。

この治療法には副作用があります。
身体のほてりや汗が浮き出るなど、ホットフラッシュと呼ばれている
更年期障害のような症状が起きるんですね。

生稲晃子さんも、ほてりと発刊にずいぶんと悩まされたといいます。
その辛さを乗り切れたのは、ご主人と娘さんが、乳がんになる前と
変わらずに、接してくれたおかげだと語ってくれました。

番組では、乳がんを再発しやすい理由やホルモン療法の期間に
ついて専門家のアドバイスをいただきました。

ホルモン療法は、5年から10年に延長したところ、再発のリスクが
3.7%減ったという結果が出たんですよ。

スポンサードリンク

完治は難しい?乳がんの転移は?

番組では、9年前に乳がんを発症し、乳がんが胸骨やリンパ節、
肝臓にまで転移が見つかった女性を取材しました。

この女性は、抗がん剤やホルモン療法などを受けながら、小学校の
教師の仕事を続けていました。
毎月の血液検査や1年に1度の精密検査を受けていたので、再発や
転移などは、一切考えていなかったそうです。

スポンサードリンク

ところが、がん発見から4年後に、胸骨や肋骨、鎖骨のリンパ節に
転移が見つかり、さらに肝臓にも転移が見つかってしまったんです。

乳がんは、血液やリンパ液のながれにのって、目に見えない小さな
癌が、病巣から離れたところに潜んでしまうことがあります。
特に、骨や肺、肝臓や脳に潜んでしまうことがあるんだそうです。

出演してくださった女性は、教師をやめて、ガンの治療に専念して
いるといいます。
そして、2年半の抗がん剤治療を行い、今は、がん細胞の増殖を抑える
可能性がある分子標的薬を続けて生活しています。

抗がん剤は必要なのか再発リスクを調べる遺伝子検査

女性ホルモンが入がんの発症に関わりホルモン陽性タイプで
早期発見の場合、術後の再発防止にホルモン療法が行われます。
また、抗がん剤を投与する場合もあります。

番組に出演してくださった30歳女性の場合、卵巣機能が衰え、
妊娠できなくなる可能性がありました。
そこで、抗がん剤を、治療に加えたほうがいいのか、再発の可能性が
あるのかを調べる遺伝子検査を受けてみたんです。

がん再発の可能性や抗がん剤の効果を予測する遺伝子検査が受けられるのは、
ホルモン陽性タイプで、リンパ節への転移が少ない早期乳がん患者が
対象となります。
井優診療のため、費用が40万円ほどかかります。

詳しくは、主治医にご相談ください。

 

抗がん剤治療を受けた場合、患者の悩みで大きいのは体の痛みや吐き気よりも
脱毛などの外見の変化でした。

女性にとって、乳房を切除するほどのガンは、本当に辛いものですね。
ある程度の年齢になったら、子宮がん検診屋乳がん検診は受けるべき
ものですね。

スポンサードリンク

Similar Posts
着物と帯の処分は中高年でもできる無料出張買取で
着物と帯の処分は中高年でもできる無料出張買取で
残された家族の手を煩わせずに着物と帯を処分したいと 考えていませんか。 そこで、思ったよりもとっても簡単に着物...
あさイチ女のほけん室はオリモノの悩み対策
あさイチ女のほけん室はオリモノの悩み対策
2016年6月20日NHKあさイチ、女のほけん室は オリモノの悩みについてでした。 女性にとって、大なり小なり...
あさイチ子供を産まない生き方有働アナが苦悩の末決心した生き方とは
あさイチ子供を産まない生き方有働アナが苦悩の末決心した生き方とは
2016年5月18日NHKあさイチ女性リアルでは 子供がいない生き方の特集でした。 女優山口智子さんの子供を産...

There are no comments yet, add one below.

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website