卒業までに思い切って告白!大学生活の終が恋愛の始まりにしましょ

卒業までに思い切って告白!大学生活の終が恋愛の始まりにしましょ

スポンサードリンク

もうすぐ、卒業シーズンがやってきますね。

中でも、大学卒業ともなれば、社会人として
様々なことが待ち受けているものです。

学生という立場から卒業する時に、思い切って
好きな人に告白できたら、その結果がどんな風に
出ても、一生悔いが残らない。

そんな告白のお手伝いができたらうれしいです。

 
スポンサードリンク



卒業式の日の告白は相手の印象に強く残りますよ

気になる彼と卒業したら会えなくなる…そう考えると、
急にいてもたってもいられなくなってしまいますよね。

告白してもどうせ離れ離れになっちゃうし…と、告白を
ためらってしまう女性もいるのではないでしょうか?

勇気を振り絞った告白が成功してもしなくても「卒業式の日に告白された」
という記憶は彼の脳裏にずっと残り続けます。

なんでもない日に告白されるより、卒業式というイベントで告白されると
印象はグッと強くなり、彼は今後卒業式を思い出す度に、
告白したくれたあなたの勇姿を思い出してくれるはずですよ。

ずっと想い続けてきた彼の記憶にこれだけ深く残れる告白のタイミングは、
卒業シーズン以外にありませんよ!

卒業後の新生活では彼を取り巻く環境も一新され、新しい出会いの中には
当然女性もたくさんいるでしょう。

そんな女性たちと彼が出会う前に、とりあえず1歩リードしておけるのは
見逃せないメリットとなるのではないでしょうか?

告白は、1度したからといってすぐに決着がつくわけではありません。
長期戦になる場合も見越して、ひと足先に彼の中にあなたの存在を
印象付けておきましょうね。

スポンサードリンク




ラれてもすぐに切り替えられる

あまり想像したくないですが、万が一フラれてしまった場合でも、
卒業式の後に彼と顔を合わす機会がない、というのは
スッキリ気持ちを切り替えるためには好都合ですね。

告白しようかどうしようか迷って結局しなかった場合のほうが、
新生活に入ってからも後悔を引きずってしまうかも…と思うなら、
当たって砕けろ!なのです。

それに、もしかして、一度フラれても、社会人として頑張っている
時に、ふと思い出してくれるかもしれません。

もし、サークルとか、同じゼミだったとかといったつながりがあれば、
同窓会的な再開のチャンスがあるかもしれません。

そんな時に、もしかして、いい方向へ向かうかもしれませんよ。

春休みに合うチャンスがまだまだありますよ

今度は告白が叶って晴れてカップルになれた場合のメリットです。

卒業してから新生活が始まるまでの間は、意外とたっぷり
時間があります。

それまで毎日学校に通っていた時間が自由になるわけですから、
新生活の準備があったとしてもまだまだ時間は余るはず。

ずっと片思いだった彼と新しいスタートを切れるだなんて、
願ったりかなったりですね。

後悔には2種類あります。「やって後悔した」と「やらずに後悔した」です。

「やって後悔した」はいずれ自分の中で消化できる場合が多いのですが、
「やらずに後悔した」は、いつまでたっても「あのとき、ああしておけば…」
と思ってしまうものではないでしょうか?

スポンサードリンク



スポンサードリンク

Similar Posts
子供の日には何を食べる?柏餅やちまきを食べる理由は?
子供の日には何を食べる?柏餅やちまきを食べる理由は?
スポンサードリンク 2019年の5月5日の子供のヒア10連休の真っただ中ですね。 子供さんを連れて家族でどこかに出かける予定の方も 多いかと思います。 まだ子供が小さい方などは、遠出するよりは、家で ゆっくり過ごされる方...
バレンタインで気の利いた義理チョコを会社でおしゃれに配る
バレンタインで気の利いた義理チョコを会社でおしゃれに配る
スポンサードリンク ここ最近、バレンタインデーで義理チョコを くbる習慣が減少しています。 それでも、すっかりなくなっていないですよね。 会社で義理チョコを配るのでしたら、おしゃれで 気の利いた配り方をしたいですね。 ど...
2019年(平成31年)の恵方の方角と食べ方は?
2019年(平成31年)の恵方の方角と食べ方は?
スポンサードリンク 節分に恵方巻を食べる習慣が、すっかり 定着したようですね。 2019年は最後の平成31年になりますね。 恵方の方角と食べ方を調べました。 スポンサードリンク 2019年の恵方は 2019年(平成31年...

There are no comments yet, add one below.

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website