新型ノロウイルスにかからないための予防法は

新型ノロウイルスにかからないための予防法は

ノロウイルスによる激しい下痢と嘔吐、
うつりたくないですよね。

残念ながら、「新型ノロウイルス」を100%
防ぐ方法は、今のところありません。

しかし、やはり、予防は大事ですね。
是非、実践してみてください。

 

ノロウイルスの感染経路

1.接触感染
ノロウイルスを含む糞便や吐しゃ物を処理した後、手についた
ウイルスや不適切な処理で残ったウイルスが口や鼻から
取り込まれて感染

2.飛沫感染
としゃ物などからの飛沫を吸入して感染

3.空気感染
吐しゃ物や下痢便の処理が適切に行われなかったために
残存したウイルスを含む小粒子が空気中に舞い上がり
吸入して感染

4.経口感染
ノロウイルスに汚染された生牡蠣や貝類を十分加熱しないで
摂取した時やノロウイルスに感染した人が、十分に手洗い
せず調理をすることによって食品が汚染され、その食品を
食べて感染

スポンサードリンク

新型ノロウイルス感染の予防法

ノロウイルスは、「接触感染」「飛沫感染」「空気感染」「経口感染」
により、人から人へ、人から食品へ、食品から人へ、と感染するので、
以下の予防法をしてくださいね。

1.手洗い(特に指の間、爪などは重点的に)

2.患者の隔離(できるだけひとつの部屋で過ごすように)

スポンサードリンク

3.糞便、おむつ、吐しゃ物の適切な処理

4.汚染された服や床などの塩素系薬剤による消毒

また、消毒するのに、一般的に殺菌効果のあると言われている
アルコールやエタノールでは、ノロウイルスに対しては、
殺菌や消毒の効果がありません。

「ノロウイルス」に効果のある消毒法方は、「85度以上で1分以上の加熱」
または、自亜塩素酸ナトリウムによる消毒が効果的なんですよ。

じあ塩素酸ナトリウムは、薬局やインターネットなどで購入できます。
また、家庭にある塩素系漂白剤には、自亜塩素酸ナトリウムを
含むものが多いので代用できますよ。

次亜塩素酸ナトリウム消毒液の作り方

市販されている家庭用塩素系漂白剤(ハイターやブリーチ)
などを希釈する場合

●0.1%(1000ppm)の消毒液

水500mlに対して、原液(家庭用塩素系漂白剤)10mlを加える
50倍希釈となり、1000ppm(0.1%)の消毒液ができます。

●0.02%(200ppm)

水500mlに対して、原液(家庭用塩素系漂白剤)2mlを加える
250倍希釈となり、200ppm(0.02%)の消毒液ができます。

*次亜塩素酸ナトリウムは薄めると消毒効果がなくなるのが
早いので、こまめにつくるようにしましょう。

新型ノロウイルスの消毒方法は、次亜塩素酸ナトリウムの
希釈液だったんですね。

家庭用のハイターやブリーチで作れるので、早速作りましょうね。

スポンサードリンク

Similar Posts
金スマでがんこな便秘を改善した小倉優子さんの腸活
金スマでがんこな便秘を改善した小倉優子さんの腸活
2017年5月12日の金スマで小倉優子さん、小島奈津子さん、 ざわちんさんのがんこな便秘を改善した7つの腸活が...
花粉症の症状で汗が出るというのがあるのをご存知ですか
花粉症の症状で汗が出るというのがあるのをご存知ですか
花粉症の方にとって、春の訪れとともに、つらい季節が またやってきましたね。 今や4人に一人が花粉症と言われてい...
あさイチペットの高齢化に伴う介護の方法を考える
あさイチペットの高齢化に伴う介護の方法を考える
016年5月11日NHKあさイチでペットの高齢化が 放送されました。 人間同様ペットの高齢化に伴い、ケアが必要...

There are no comments yet, add one below.

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website