ノンストップで紹介されたごはんOKダイエットまとめ

ノンストップで紹介されたごはんOKダイエットまとめ

1月6日放送のフジテレビ『ノンストップ!』で紹介された、
『今年はごはん(お米)OKダイエット!

お米を我慢しないで長続きするダイエットで痩せる!』
について、まとめました。

ご飯を控えるダイエットをしても、リバウンド
してしまう人も多いのが事実ですね。
ですが、即効性はないけれど、ご飯を食べて
ゆっくりダイエットするには、3つのことを実行します。

肉や魚・卵などの動物性タンパク質をたっぷり食べてやせる
ごはんOKダイエット三ヵ条の一つ目は、『動物性タンパク質』を
しっかり摂ることです。

お肉や魚、卵、カニやエビなどの甲殻類、貝類などに含まれているのが、
この動物性タンパク質です。

メインのおかずをキチンと食べることが重要なのです。

エネルギーを大量に消費する場所は、、筋肉なんですね。

筋肉量を増やすことが、消費カロリーをあげて痩せやすい、
太りにくい身体を作ることにつながるんですよ。

植物性タンパク質の場合、吸収が悪い面があるので、
動物性タンパク質がオススメだそうです。

1日に必要なタンパク質の量の目安は?
1日に必要なタンパク質の量は、『手のひら2枚分』と覚えておくといいです。

つまり、両手のひら分の肉や魚を必ず食べるようにしましょう。

手首から指先まで、厚さも含めて手のひらを見てみましょう。
その量が目安になります。

意外に大医療ですね。
慣れないうちは、どれだけ肉を食べるんだろうと感じる方も
多いと思います。

動物性タンパク質を摂取するときのコツ

・レストランでは、ハンバーグよりもステーキを選ぶべし

ステーキは、ハンバーグに比べて噛む回数が増え、それに伴い
胃も腸も活発に動くことになります。

それによって、消費カロリーも増やすことが出来るので、
レストランではステーキを選びましょう

塊の肉はは、代謝アップを促してくれます。

・カレー店では、チキンカレーよりもビーフカレーを選ぶべし

牛肉には、動物性タンパク質や鉄分が豊富に含まれているうえに、
L-カルニチン(エルカルニチン)といった体脂肪を燃焼してくれる
働きのある成分も豊富なんですよ。

体脂肪の燃焼を助けてくれるL-カルニチンは、肉類で見ると、
羊肉→牛肉→豚肉→鶏肉の順に含有量が減っていきます。

ですから、赤味の濃いお肉を選ぶように心掛けましょう。

スポンサードリンク

良質な油を摂ってやせる

ごはんOKダイエットの2つ目は、『良質な油を摂ること』です。

スポンサードリンク

番組内で、ダイエット実践者の方が食事にかけていたものは、
アマニ油でした。

アマニ油は、オメガ3系と呼ばれる油の一種です。
この中に含まれる、α‐リノレン酸(アルファリノレン酸)が
ダイエットに効果的だとされています。

このオイルを摂取することによって、食べた糖質(ご飯)を
燃焼しやすくなります。

それによって、代謝がアップすることの助けとなるのです。

そのため、ご飯と一緒に、α‐リノレン酸を含む油を摂取することが、

ダイエットのポイントになってきます。

亜麻仁(アマニ)油、エゴマ油、インカインチオイルを食事にプラス!

ご飯と一緒に、α‐リノレン酸を含む油を摂取することが、
ダイエットのポイントになってくるんでしたね。

α‐リノレン酸を含む油として、比較的手に入りやすいのは、
アマニ油の他に、エゴマ油、インカインチオイルです。

スーパーでも取り扱っているところも多いですので、
チェックしてみましょう。

味噌汁を飲んで痩せる
ごはんOKダイエットの最後は、『味噌汁を飲む』ことなんですよ。

味噌は大豆が原料ですよね。
そのため、植物性タンパク質を豊富に含んでいるんですよ。

動物性たんぱく質をメイン料理として積極的に食べて、
サブとして植物性タンパク質が豊富な味噌汁を飲みましょう。

動物性たんぱく質と植物性タンパク質を一緒に摂取することで、
糖質を燃焼する相乗効果が高まり、ダイエット効果が
期待出来るようになるんですよ。

スープ類の中でも、お味噌汁は非常に役に立つものと言えますね。

1日2杯が目安だそうです。
過剰に飲むのも、塩分の摂りすぎになってしまうので、注意しましょう。

また、味噌に含まれるカリウムが余分なナトリウムを排泄してくれます。
塩分が気になる人は、海藻類や野菜の具を増やすのもオススメだそうですよ。

即効性のあるダイエット法ではないものの、3カ月で効果があらわれてくる
そうなので、それまでは継続してみましょう。

実践した人の声として、『1カ月経った頃、体重に大きい変化はないものの、
ウエストがグッと細くなった!』というものがあったそうです。

ごはんOKダイエットを続けているうちに、余分にあった脂肪が筋肉に
変化したのだろうとのことです。

筋肉は脂肪と同じ重さであっても、カサは少ないですから、
体重の変動がなくても引きしまって見えるようになるわけです。

まずは、3カ月、じっくり続けてみましょうね。

スポンサードリンク

Similar Posts
ナイナイアンサーで虻川さんが試した楽やせダイエットの食材紹介
ナイナイアンサーで虻川さんが試した楽やせダイエットの食材紹介
2015年ナイナイアンサーは、楽やせダイエットの 紹介でした。 番組では「お餅もお肉も食べてOKマル秘楽やせ術...
正月太りをどうやって解消する?こんなダイエットがあったんだぁ
正月太りをどうやって解消する?こんなダイエットがあったんだぁ
年末年始は、クリスマスや年越し、お正月ののおせちと 太らないほうが不思議ですよね。 でも、正月太りで5キロも増...

There are no comments yet, add one below.

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website