NHKあさイチで紹介された塩レモンの作り方とダイエットなどの効果について

NHKあさイチで紹介された塩レモンの作り方とダイエットなどの効果について

あさイチで紹介された塩レモンが再び8月26日放送の
夢の3シェフNEOに登場しました。

簡単に作れて、長期保存がきき、様々な食材の旨みを引き出す
だけでなくダイエット効果もきちできるとして注目されています。

レモン塩とは、その言葉通り、レモンの塩漬けなんです。
中東やフランスなどで「香りの調味料」としてよく使われています。
煮込み料理やサラダ、パスタ、グリル料理などに使われます。

それではまず、作り方を紹介しますね。

塩レモンのつくり方
材料 国産レモン 3~4個(400g前後)
天然塩 レモンの10%(ここでは40g)

保存する瓶は熱湯消毒しておく

レモンをよく洗いヘタを取る
8つ割りのくし型に切る

塩⇒レモン⇒塩⇒レモン⇒塩と交互に重ねる
一番最後は塩でフタをする感じにする

常温で保存し、時々上下に振ってください。
1週間で食べられますが、1ヶ月ほどしてレモンから
水分が浮き出た頃からが、酸味藻塩もマイルドに変化して
いいですよ。

現在、国内で流通しているレモンは、約9%です。
その中でも、完全無農薬のレモン栽培している農家は、ごくわずかです。

できれば、国産レモンで作りたいですね。

そして、塩レモンに期待できる効果がすごいんです!

スポンサードリンク

塩レモンに期待できる効果

■「塩×レモン」の相乗効果は?

塩」と「レモン」という組み合わせはよく使っていますね。
塩とレモンを一週間以上漬けておくと、レモンが発酵されて
さらにパワーアップするんですね。

スポンサードリンク

 
こうすることで「塩」の味が濃く感じたり、
「レモン」の酸っぱすぎる酸味という元々の弱点がどちらも緩和され、
さらに、他の食材の味を引き立てると言われているんですよ。

 
野菜の漬物と同じく、塩分で1週間ほどレモンを密封保存すると
発酵食独特の乳酸菌も発生されて町の調子を整えてくれる効果も
期待できるんです。
これは、ダイエットに嬉しいことですね。

代謝をスムーズにして美肌効果にも期待!
塩とレモンを1週間以上密封保存した「塩レモン」は、
塩分はもちろん、クエン酸、リモネン、ビタミンCを含みます。

さらに、乳酸菌も加わって、炭水化物などの糖質や余分な脂肪を
よく燃焼できるようになるそうです。

また塩味と酸味の両方が唾液の分泌を促進するので、
若返りホルモン『パロチン』や消化酵素『アミラーゼ』も
分泌されて、ベビースキンに近づく効果も期待できますよ。

塩レモンを作るときに気をつけること

塩レモンを作るとき、「国産レモン」を勧めています。

なぜなら、輸入レモンは防腐剤・防カビ剤のみならず、ワックス等、
様々な薬品処理がされています。
それ故、皮そのものを使う塩レモン等には使いたくないですね。

次に、まだ若い(固い)レモンを使うと、水分(レモン果汁)が
十分でないことがあります。
そのときは、蓋とレモンの間に
お猪口見たいな物をはさむといいですよ。

塩レモンは、1週間ほど経つと使えるようになりますが、
塩は、完全には溶けないです。

そうした場合は、上澄み液、レモン、塩のそれぞれを
ドレッシングやパスタ、手作りポン酢、炒め物に入れるなど
使い分けてくださいね。

スポンサードリンク

Similar Posts
ナチュラルチーズとプロセスチーズの違いは?危険な添加物は?
ナチュラルチーズとプロセスチーズの違いは?危険な添加物は?
チーズは、健康によく、毎日摂りたい食品 ですね。 また、子供も大好きな子が多く成長期に欠かせない 食材とも言え...
卒業までに思い切って告白!大学生活の終が恋愛の始まりにしましょ
卒業までに思い切って告白!大学生活の終が恋愛の始まりにしましょ
もうすぐ、卒業シーズンがやってきますね。 中でも、大学卒業ともなれば、社会人として 様々なことが待ち受けている...
ひな祭りに簡単・かわいい・おいしいお寿司のレシピ
ひな祭りに簡単・かわいい・おいしいお寿司のレシピ
3月3日のひな祭り、お雛様を飾り 女の子の成長をお祝いする日ですね。 ご家族だけでも、お友達同士でも、 ひな祭...

There are no comments yet, add one below.

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website