あさイチで紹介されたメイジェイと氷川きよしの風邪予防法まとめ

あさイチで紹介されたメイジェイと氷川きよしの風邪予防法まとめ

2015年12月22日NHKあさイチの放送は、
歌手のメイジェイさんと氷川きよしさんの
風邪予防法が紹介されました。

簡単に真似ができる方法なので、
私たちの生活に取り入れては
いかがでしょうか。

■メイジェイさんは朝からネギ入りの鍋
歌手のMay J.さんが教えてくれたかぜ予防法は、冬になると、
朝から、必ずねぎが入っている、野菜中心の鍋を食べることでした。

May J.さんが、かぜをひいたときは、お母さんがいろいろな
料理にねぎを入れてくれたことから、毎日、寒くなると朝、
ねぎ入りの鍋を食べるようになったそうです。

実は、ねぎの緑色の部分の中にある粘液に、免疫力をアップさせる
成分があることが分かったんですよ。

この粘液の成分が体内に吸収されると、血液中で免疫細胞の
マクロファージが活性化します。

そして、活性化したマクロファージは、ほかの免疫細胞を呼び寄せ、
一緒にウイルスなどをやっつけるため、免疫力が強くなるそうです。

スポンサードリンク

氷川きよしさんの風邪予防法は水分補給
「演歌界の貴公子」氷川きよしさんは、かぜ対策の達人なんですよ。

朝、自分でレモン・にんじん・りんご・小松菜などでスムージーを
作って飲んだり、楽屋にも自分の加湿器を持ち込んで保湿したり
しています。

その氷川さんが最も重視しているかぜ対策は、
こまめに水を飲むことでした。通常は1日2リットル。

かぜっぽいと感じたらさらに大量の水を飲むそうです。

たくさん水を飲むことが、なぜかぜの予防や改善に
つながるのでしょうか。

スポンサードリンク

しっかり水を飲むと、体の中に入った水分が粘液を補充し、
その量が十分だと鼻やのど、気道の粘膜にある線毛の運動が
活発になり、ウイルスや細菌をスムーズに排出するんですね。

しかし、乾燥が続いたり、体の中に十分な水分が
なくなったりすると、粘液の層が薄くなります。

その結果、線毛の動きが悪くなり、粘液の流れが遅くなるので、
ウイルスが体内に侵入しやすくなり、炎症を起こしてしまいます。

風邪予防の手洗い、石鹸とアルコールの併用
せっけんで手をしっかり洗うためには、せっけんをつけて
洗っている時間だけでも、理想は30秒間、最低でも20秒間は
かかります。

さらにしっかり拭いて乾燥させるとそれ以上、せっけんでの
手洗いに時間をかけられない場合の手段として、
アルコール手指消毒薬があります。

アルコール手指消毒薬を使うときのポイントは、その量です。
大人で500円玉ほど、子どもはそれより少なめでOK。

もうひとつの量の目安は、手でこすりあわせて乾くまで
20秒間ほどかかること。

せっけんで洗うときと同じように、指先や手首などにもしっかり
アルコールをこすりつけるようにします。

もうひとつ、ウイルスを撃退するにはアルコール濃度も大切です。
60%から80%が効果的な濃度なので、ぬれた手に
アルコール手指消毒薬をつけると濃度が薄くなり、効果が
弱くなってしまうので、必ず乾いた手に付けてください。

冬の空気の乾燥で、のどがやられてしまうと
なかなか風邪が治りませんよね。

朝から、野菜中心の暖かい鍋を食べる、こまめに水分を
補給するなどは、すぐにでも取り入れられますよね。

スポンサードリンク

Similar Posts
あさイチで見たダニ退治@4布団は掃除機のノズルを変えて死骸吸引
あさイチで見たダニ退治@4布団は掃除機のノズルを変えて死骸吸引
2017年9月26日のNHKあさイチで 「秋こそダニにご用心」が特集されました。 秋はダニの死骸やフンが大量に...
秋カビは意外に活発!咳が止まらないなどの症状が!対策はどうする
秋カビは意外に活発!咳が止まらないなどの症状が!対策はどうする
カビと言えば梅雨時をイメージしますが 今年の夏のように雨の日が続くと、やはり カビが生えやすいですね。 梅雨時...
ヒアリと普通のアリの違いは?アリの巣ころりや殺虫剤は使えるの?
ヒアリと普通のアリの違いは?アリの巣ころりや殺虫剤は使えるの?
ここのところ、連日のように「ヒアリ」がニュースに 登場します。 毒性があり、刺されると、激しい痛みがあります。...

There are no comments yet, add one below.

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website