あさイチで乳がんの自己検診や痛みについての放送内容まとめ

あさイチで乳がんの自己検診や痛みについての放送内容まとめ

2015年12月17日は、今月9日に放送した
「女のホケン室 これって私だけ?おっぱいトラブル」
の中から、乳がんのサインや、検診に関する
疑問について乳腺外科医の土井卓子さんが答えました。

おっぱいトラブルが、乳がんなのかどうか、
ものすごく気になる、放送内容をまとめました。

この症状は乳がんなの?
Q:おっぱいだけじゃなく、ワキまで痛い・・・
 「片側だけ、おっぱいに痛みが急に出てきて、2~3日後には
  わきの下のリンパ腺辺りも痛くなりました。しかし、
  2週間くらいしたらだんだん痛みがなくなりました。
  放っておいても大丈夫でしょうか?」

A:乳がんの疑いは、ほとんどありません。考えられる原因は
  「女性ホルモンの変動」です。
   左右どちらか片方の乳房が痛いのは、女性ホルモンの分泌が
   不安定になることが関連していることが多いです。
   乳房だけでなく、わきの下、肩、背中まで、痛みや
   重苦しさを感じることもあります。

一般に、乳がんが直接の原因で、乳房以外が痛くなることはめったに
ないそうです。

Q:急に、おっぱいに赤いイボが・・・
  「マンモグラフィーとエコーの検診を受けて異常なし
   だったのですが、数日後、1ミリくらいの赤いイボが
   出て消えません。再度、検査した方がよいでしょうか?」

A:乳がんの疑いは、ほとんどありません。急にできたのであれば、
   接触性の皮膚炎など、皮膚科の疾患の可能性が高いです。
  

Q:乳首からの分泌物。おっぱい以外の場所に原因が・・・
  「出産後、10年近くたっても乳首からの分泌物が止まらず、
   病院に行ったら、脳のMRIを撮ると言われてびっくり。
   結果は、良性の脳腫瘍でした。

   現在は、薬による治療で分泌物はおさまっています。
   脳の病気の可能性があることも皆さんに知っていただきたいです。」

A:これは、ホルモンの分泌が異常になる「高プロラクチン血症」
   という病気で、乳腺の病気ではありませんが、乳首から
   分泌物が出ます。

   原因は、脳の下垂体にできた良性の腫瘍で、脳のMRI検査
   などでわかります。
   この病気の場合は、月経が止まるなど、ほかの症状も出ます。

スポンサードリンク

乳がん検診の疑問Q&A
Q:検診って、必要なの?
「年に1回、必ず検診に行きますが、北斗晶さんのように、
 検診に行っていてもがんが進行していたケースもあります。
 検診について、どのように考えるといいのでしょうか。」

A:乳がん検診を受ける人が増えることで、早期発見につながり
 根治できる可能性が高くなります。
 乳がんで亡くなる人が減少する見込みもあると言われています。

Q:放射線が気になります・・・
「2年に一度、検診を受けることが推奨されていますが、
 マンモグラフィー検診って、毎年、受けてもよいもの
 なのでしょうか?放射線をあびるので気になります。」

A:毎年、マンモグラフィー検診を受けたとしても、
   乳がんのリスクはほとんど上がりません。

スポンサードリンク

   マンモグラフィー検診を受けたときに浴びる放射線の
   線量は大変低く、胸部レントゲンと同じ程度です。

Q:誰でも受けられるの?
「胸が小さいけれど、マンモグラフィーは受けられる?」

A:乳房の大きさにかかわらずマンモグラフィーは受けられます。

Q:検診を受ける時期は?
「マンモグラフィーはいつ受けるのがいいの?ダメな時期はありますか?」

A:受ける時期によって、痛みの感じ方が違います。生理のある人は、
   生理が始まって5~6日目が乳房のハリがいちばんおさまって、
   痛みが少なく、排卵~生理開始のあたりは、ホルモンバランスの
   影響で、乳房が張って、痛みが出やすい時期です。

Q:授乳中は?
「授乳中は、乳がん検診を受けられますか?」

A:授乳中は乳腺が発達していて、マンモグラフィーだと、
  しこりが見つけにくいのでエコー検査の方がおすすめです。

  また、30~40代は乳腺が発達していてマンモグラフィーだと
  しこりがうつりにくいため、エコー検査も合わせて
  行うことをおすすめします。

病院で言われたことについてのQ&A
Q:「石灰化」って?
  「10年程前に受けたマンモグラフィーで左右の胸に
   石灰化したものが無数あることが分かりました。
   大きくならなければ放置していても大丈夫と言われましたが
   本当に大丈夫なのでしょうか。」

A:「石灰化」とは、カルシウムが固まった物です。
   がんが疑われるのは、細かい粒が集まっていたり、
   線状に広がっている場合ですが、個人で判断するのは
   非常に難しく、専門医の判断が必要になります。

   乳腺外科などの医療機関で大丈夫と言われた石灰化は、
   おそらく大丈夫です。

   心配な場合は、医師から指定された間隔で、経過観察を
    していくことが大事です。
    異変が現れたら、すぐに見つけられます。

Q:「のう胞」って?
「ことしの3月に、左胸に13ミリの“のう胞”が見つかりました。
 その後、しこりのようなものと痛みを感じ、受診すると、
 エコー検査をしただけで来年また受診するようにとのこと。

 がんになるのではと、とても不安です。」

A:のう胞は、乳腺にできる、分泌液の水たまりのようなもので、
   乳がんに変化することはありません。

   ただし、乳腺に潜むがんが原因でのう胞ができる場合もあるので、
   注意は必要です。1年に1回程度の経過観察が大切です。
 

Q:「線維腺腫」は大丈夫?

A:線維腺腫とは、女性ホルモンに反応して乳腺にできた
   良性の腫瘍のことです。

   これ自体ががんということではありませんが、線維腺腫が
   できた人は、女性ホルモンに反応しやすい体質で、
   がんを発症するリスクが高いという見方もあるので、
   年に1度の検診は欠かさず受けることをおすすめします。

おっぱいのトラブルは、意外に多いんですね。
乳がんに対する恐怖心は、トラブルがあると
本当に大きくなりますね。

今回の放送をきっかけに、病院を受診してみては
どうかと思いました。

スポンサードリンク

Similar Posts
着物と帯の処分は中高年でもできる無料出張買取で
着物と帯の処分は中高年でもできる無料出張買取で
残された家族の手を煩わせずに着物と帯を処分したいと 考えていませんか。 そこで、思ったよりもとっても簡単に着物...
あさイチ女のほけん室はオリモノの悩み対策
あさイチ女のほけん室はオリモノの悩み対策
2016年6月20日NHKあさイチ、女のほけん室は オリモノの悩みについてでした。 女性にとって、大なり小なり...
あさイチ子供を産まない生き方有働アナが苦悩の末決心した生き方とは
あさイチ子供を産まない生き方有働アナが苦悩の末決心した生き方とは
2016年5月18日NHKあさイチ女性リアルでは 子供がいない生き方の特集でした。 女優山口智子さんの子供を産...

There are no comments yet, add one below.

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website