マイナンバーカードって何?発行の方法はどうすればいい?

マイナンバーカードって何?発行の方法はどうすればいい?

マイナンバー制度のスタートに伴い、
発行できるようになるのが「個人番号カード
(マイナンバーカード)」です。

平成27年10月にマイナンバーが全員に通知。

平成28年1月からマイナンバーや氏名、住所等、
さらに顔写真が入った「個人番号カード
(マイナンバーカード)」を希望により
発行することができます。

マイナンバーカード(個人番号カード)に記載されるもの

記載事項】
氏名、住所、生年月日、性別、個人番号(マイナンバー)、
顔写真など

ICチップがついており、このなかにも同内容が記録されます。

入手の方法

個人番号カードは、通知カードとともに送付される申請書を
郵送するなどして、平成28年1月以降、交付を受けることが
できます。

郵便局員から直接受け取ったマイナンバー通知の封書の中に
マイナンバーカードの申請の仕方と専用の封筒が入っています。

個人で申請する方は、上記の方法で申請します。

ただし、病気や障害などによりご本人が出向くことが
難しい場合は、ご本人が指定する方が代わりに
交付を受けることができます。

マイナンバーカードについて、企業が従業員分を
まとめて申請できるようにする。

企業が立地する自治体の職員が職場に出向いて
本人確認をすることが条件。

従業員のカード申請や受け取りが簡単になり、
カードの早期普及につながるとみている。

個人番号カードの交付を希望する場合、申請により
平成28年1月から交付されます。

また、個人番号カードの交付開始に伴い、
住民基本台帳カード(注1)の交付は終了します

スポンサードリンク

学校や役場などでも一括申請を認める方針

スポンサードリンク

通知カードとマイナンバーカードとの違い

通知カードは、マイナンバーの通知のため、
平成27年10月に住民票をもつ国民全員
(中長期在留者や特別永住者などの外国人の方も含む)に
必ず送られてくる紙製のカードです。

特に個人番号カードを持つ必要がなければ、「通知カード」を
マイナンバーの確認のため持っていてもOKです。

会社員の方は会社、個人事業主の方は取引先などへ
マイナンバーの通知をしなければならないため、
コピーの提出が求められることも予想されます。

「個人番号カード」を発行しない方は大切に
保管しておきましょう。

※「個人番号カード」は「通知カード」と引き換えなので、
どちらかを必ず持つことになります。

通知カードは、紙製のカードを予定しており、券面に氏名、
住所、生年月日、性別(基本4情報)、マイナンバーは
記載されますが、顔写真は記載されません。

なお、通知カード単体では本人確認はできませんので、
併せて、主務省令で定める書類(運転免許証等となる予定)
の提示が必要となります。

通知カードの来る時期は?

概ね平成27年11月末頃までにお届け出来るよう
取り組んでいますが、年内までかかる見込みです。

郵便局へのお住まいの市区町村ごとの差出し状況は
次のとおりです。

差出日から概ね20日程度までにお届け出来る見込みです。

しかし、配達ミスが、各地で起きており、
配達に遅れが生じています。

政府では、2015年以内に配達完了を目指しています。

スポンサードリンク

Similar Posts
マイナンバー 受け取り拒否のメリットは?デメリットは?
マイナンバー 受け取り拒否のメリットは?デメリットは?
来年1月より運用が始まるマイナンバー。 2015年12月現在でまだ通知を受け取って いない人もいます。 通知が...
マイナンバー早くも詐欺事件発生その手口にご用心
マイナンバー早くも詐欺事件発生その手口にご用心
マイナンバー、まだ届いていない方も いるというのに、早くも詐欺事件が 発生しています。 その手口とは、一体、 ...
マイナンバー制度導入で会社に副業がバレない?
少し前に某ビジネス雑誌系のサイトで、 「マイナンバーが導入されるとサラリーマンの副業が 会社にバレるようになる...

There are no comments yet, add one below.

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website