マイナンバー制度とは?簡単に説明するとこんな制度です

マイナンバー制度とは?簡単に説明するとこんな制度です

マイナンバー制度、世間では随分と
騒がれているようです。

国民ひとりひとりに番号をつけることで
何がどうなっていくのか、さっぱりわかりませんね。

早くも詐欺事件が起こっているとのこと、
自分を含めて、知っておくことが必要ですね。

マイナンバー制度とは一体何?

正式名称は「社会保障・税番号制度」といいます。

ひとりひとりにふった独自の番号で、個人情報を
管理する制度です。

これまでは、いろんな公的機関は、
(市役所・税務署・年金事務所など)
それぞれで独自の方法で個人情報を管理していました。

マイナンバーを導入することで、
こういったお役所間で個人情報を
やりとりしやすくなります。

お役所どうしで、
「マイナンバー○○○番さんの情報をください」
といったように、個人情報を照会することが可能になります。

その分、私たち国民とお役所間の手続きか
簡単になる
時間が短縮さる
データの照会ミスがなくなる
・・・というようなメリットが発生します。

スポンサードリンク

マイナンバー制度は2013年5月24日国会で成立しました

「行政手続における特定の個人を識別するための番号の
 利用等に関する法律」
(いわゆるマイナンバー法)

たとえば、何か公的な手続きをする際に、「住民票」を
添付してください…とわれた経験ありませんか?

スポンサードリンク

わざわざ市役所にいって住民票を取得するのめんどうでしたよね?

でも、マイナンバー制度導入後は、公的機関同士で
情報のやりとりをしてくれるようになるため
住民票の添付が必要なくなったりします。

ちなみに、個人情報とは以下のようなものをいいます。
■氏名
■住所
■生年月日
■性別
■所得(お給料などの収入)
■税金
■年金     …など

マイナンバーは12桁

住民票を有する国民にマイナンバー(個人番号)がつきます。

番号は一生変更されず、
一生涯、同じ番号を使うことになります。

マイナンバーの12桁には、番号から個人を特定できるような
数字は使われません。

たとえば、生年月日を含むことはありません。

家族だからといって末尾がお父さんは1、お母さんは2、
というように連番になることもありません。

ランダムな数字になります。

あらゆる個人情報が集約されるので
ぜったいに他人に番号を教えてはいけません。

マイナンバーがゾロめだったりして、テンションがあがって、
「マイナンバー ぞろ目ナウ」とつぶやいたりなどは、
絶対にやらないでください。

まさかと思うことが起こる昨今なので、
気を付けましょう!

マイナンバー制度によって、何がどう変わっていくのか
少しずつ、理解して行きましょうね。

スポンサードリンク

Similar Posts
マイナンバー 受け取り拒否のメリットは?デメリットは?
マイナンバー 受け取り拒否のメリットは?デメリットは?
来年1月より運用が始まるマイナンバー。 2015年12月現在でまだ通知を受け取って いない人もいます。 通知が...
マイナンバー早くも詐欺事件発生その手口にご用心
マイナンバー早くも詐欺事件発生その手口にご用心
マイナンバー、まだ届いていない方も いるというのに、早くも詐欺事件が 発生しています。 その手口とは、一体、 ...
マイナンバーカードって何?発行の方法はどうすればいい?
マイナンバーカードって何?発行の方法はどうすればいい?
マイナンバー制度のスタートに伴い、 発行できるようになるのが「個人番号カード (マイナンバーカード)」です。 ...

There are no comments yet, add one below.

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website