七夕の歴史と由来

七夕は「たなばた」または「しちせき」とも読みます。

古くから行われている日本の重要な節句の行事です。
毎年7月7日(地方によっては8月7日)の夜に
願い事を書いたたくさんの色の短冊や飾りを、笹の葉に
つるし、星にお祈りをする習慣が、今でも続いています。

おりひめとひこぼしの伝説が、子供心にロマンチックだなぁ
と記憶に残っています。

さて、七夕は、いつから、どのようにして始まったのか?
おおくの説がありますが、以下の3つの行事が合わさったもの
と言われています。

1.元々日本の神事であった「棚機(たなばた)」と
2.おりひめとひこぼしの伝説と
3.奈良時代に中国から伝来した「乞巧奠(きこうでん)」

スポンサードリンク

棚機(たなばた)について

棚機(たなばた)とは、、日本の古い禊ぎ(みそぎ)の行事で、
乙女が、着物を織って棚に供え、神様を迎えて、秋の豊作を祈ったり
人々のけがれをはらうというものでした。

ここで選ばれた乙女は「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれました。
川などの清い水辺にある機屋(はたや)にこもります。
そして、神様のために、心を込めて、着物を織ったんですよ。
その時に使われたのが棚機(たなばた)という織り機なんですね。

やがて、仏教の伝来とともに、この行事はお盆を迎える行事として
7月7日の夜に行われるようになったんですよ。

スポンサードリンク

七夕をたなばたと当てて読んでいるのも、
このことが由来となっているんですよ。
おりひめとひこぼし伝説について

琴座のベガと呼ばれる織女(しゅくじょ)星は裁縫の仕事、
わし座のアルタイルと呼ばれる牽牛(けんぎゅう)星は、
農業の仕事を司る星と考えられていたんですね。

この二つの星が、旧暦の7月7日に、最も輝いているように
見えることから、中国で、この日を1年に1度の巡り合いの日
と考えられたことから、七夕ストーリーが生まれたと言われています。

そうそう、好きな人と、楽しく過ごしてばかりいたので、
二人は大河をはさんで引き離され、1年に1回だけ、
会うことを許されたというストーリーだったと思います。

遠距離恋愛の皆様、このストーリーを励みにしてくださいね♪

乞巧奠(きこうでん)とは
乞巧奠(きこうでん)は、中国の行事なんですよ。
7月7日に織女星にあやかって、機織りや裁縫が上達するようにと
お祈りを捧げた風習から生まれたんですね。

庭先の祭壇に針などを備えて、星にお祈りをするんですよ。
やがて、機織りだけでなく芸事や書道などの上達も
お祈りするようになったんですって。

 

いくつになっても、綺麗な星を眺めるだけで、
とってもロマンチックな気分になれますね。

スポンサードリンク

Similar Posts
ナチュラルチーズとプロセスチーズの違いは?危険な添加物は?
ナチュラルチーズとプロセスチーズの違いは?危険な添加物は?
チーズは、健康によく、毎日摂りたい食品 ですね。 また、子供も大好きな子が多く成長期に欠かせない 食材とも言え...
卒業までに思い切って告白!大学生活の終が恋愛の始まりにしましょ
卒業までに思い切って告白!大学生活の終が恋愛の始まりにしましょ
もうすぐ、卒業シーズンがやってきますね。 中でも、大学卒業ともなれば、社会人として 様々なことが待ち受けている...
ひな祭りに簡単・かわいい・おいしいお寿司のレシピ
ひな祭りに簡単・かわいい・おいしいお寿司のレシピ
3月3日のひな祭り、お雛様を飾り 女の子の成長をお祝いする日ですね。 ご家族だけでも、お友達同士でも、 ひな祭...

There are no comments yet, add one below.

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website