バナナが緑色で輸入される理由・なぜ色が変わる?栄養は変わる?

バナナが緑色で輸入される理由・なぜ色が変わる?栄養は変わる?

スポンサードリンク

スーパーで目にするバナナは、やや緑がかっている
ものから、黄色いものがほとんどですね。

でも、海外から輸入される状態の時は、緑色ですね。
どうして緑色のまま輸入されるんでしょうか。

バナナの色は、なぜ変わっていくのでしょうか。
色が合わると栄養は変わるんでしょうか。




バナナはなぜ緑色で輸入されるのか

海外で、バナナを収穫している時の映像を見たことがありますか?
緑色をしていますよね。

私は、輸入するまで時間がかかるので、また熟していない状態で
ないと腐ってしまうからだと思い込んでいました。

ところが、調べてみると、理由が違ったんですね。

それは、植物防疫法という法律で決まっているからなんですね。
バナナの産地は、色々ありますが、熱帯雨林のような暑くて
雨の多い地域が多いですね。

こうした熱帯のような地域に生息している果実には、様々な害虫が
ついており、万が一、果実と一緒に日本に入り込んでしまったら
生態系が崩れてしまうからなんですね。

事実、輸入木材にくっついて日本に入り込んだヒアリによる被害が
ありましたよね。

こうした被害を防ぐために、緑色の状態で輸入されるんですよ。

緑色のバナナに虫がつかない理由

緑色のバナナは、とても渋くて食べられるようなものでは
ないんですね。

このしぶみのもとは「タンニン」という成分なんです。
「タンニン」という強烈な渋みのおかげで、緑色のバナナには
害虫が寄り付かないんですよ。

だから、熟していない緑色のバナナは、輸入が認められているんですよ。

緑色で輸入されたバナナは、室という倉庫に入れられます。
そこでエチレンを作用して追熟します。

エチレンは、バナナが呼吸する時に自然に放出している植物ホルモン
の一種です。

そのエチレンを作用させることで、出荷のタイミングを調整して
いるんですよ。 




バナナの色はなぜ変わるのか

植物は、太陽の光を浴びて光合成をしますよね。
植物にとってとても大切な太陽光なんですが、その中に紫外線も
含まれています。

紫外線は、細胞や遺伝子を壊す働きがあるんですね。
んン減だと日焼け止めを塗るなどの対策をすることができます。

植物は、緑色になることで紫外線の害から身を守っているんですよ。

それは、緑色の色素の素であるクロロフィルが、紫外線を吸収する
働きがあるからなんです。

植物の緑色は、日焼け止めのような役割をしているんですね。

また、バナナの皮には、カロテノイドという黄色い色素も含まれて
いるんですね。

この色素は、紫外線や強すぎる太陽光から皮に包まれた身を守る
役割をしているんですよ。

最初は緑色だったバナナが、熟してくるにつれ黄色くなってくるのは、
緑色のクロロフィルの分解が早く黄色のカロテノイドの分解が
ゆっくり進むからなんですよ。

バナナの黄色は、最初から皮に含まれていたんですね。

バナナは色によって栄養の効果が変わる?

バナナは、まだ少し緑色っぽいものを食べると、甘みというより
少し酸味を感じることがあります。

それが、き色っぽいバナナだと、酸味がなくなり、ほんのりとした
甘みを感じます。

皮に茶色いシュガースポットが出ている場難を食べると、甘みを
強く感じますね。

このように、バナナの味も変わりますが、バナナに含まれる栄養の
期待できる効果も変わるんですよ。

【青めバナナは整腸効果】
バナナには便秘解消の代表選手・食物繊維とフラクトオリゴ糖が多く
含まれています。

青めのバナナには「難消化性デンプン」が特に多く含まれているんですよ。
難消化性デンプンはその名の通り、消化されにくいデンプンのことなんです。

胃酸で溶かされずに腸に届き、腸内の善玉菌のエサになります。
その結果善玉菌が増えて、便秘解消につながるんですね。

この難消化性デンプンは、バナナが熟していくにつれて減少します。
便秘解消効果を期待するなら青めバナナなんですよ。

【黄色バナナは美肌とアンチエイジング効果】
バナナは、枝についていた部分がやや緑色で、残りは黄色という
状態で売られていることがほとんどだと思います。

ですから、黄色いバナナを食べる機会が一番多いのではないでしょうか。

この黄色いバナナには「美容ビタミン」と呼ばれるビタミンB2、B6、
ナイアシン(ビタミンB3)を多く含んでいるんですよ。

これらのビタミンは代謝をアップさせ、美肌づくりに必要不可欠なんです。
美容ビタミンは他の果物にも含まれますが、含有量とバランスは黄色バナナが
大変優れています。

また、バナナは身近な食品のなかで、抗酸化作用が最も高いことが
研究で明らかになっているんですよ。

黄色バナナは、体の酸化を抑制する、アンチエイジング効果が期待でき、
活性酸素に対抗しつつ、新しい肌をつくる手助けをする美肌効果が
期待できるんですよ。

【茶色バナナは免疫力UP】
バナナは、ほおっておくと、皮に茶色い斑点ができますよね。
これは、シュガースポットといって、「リン脂質」という、果物では
ほとんど含まれることのない珍しい物質が含まれているんですよ。

リン脂質は、胃の粘膜を保護し、胃潰瘍の抑制効果が期待できるんですよ。
また、マウスの実験で、茶色くなったバナナを食べると血中で免疫細胞を
活性化させる物質が増加したという結果も出ているんですね。

合わせて読みたい記事一覧

皮ごと食べられるバナナが鹿児島と伊勢で栽培されている

朝バナナダイエットの効果があった深田恭子の方法と効果は?

高いバナナと安い場難の違いって何?種類?

バナナジュースの栄養と効果、カロリーは?苦いのはなぜ?

野田枝理(バナナジュース)店の場所や値段は?




スポンサードリンク

Similar Posts
ドライカレーは常温保存できる?冷凍3ケ月経っても食べられる?
ドライカレーは常温保存できる?冷凍3ケ月経っても食べられる?
スポンサードリンク ひき肉を使って作るドライカレーは、ルーカレー と、また違うおいしさがありますよね。 チャーハンやドリア、ピーマンに漬けたり、 ライスコロッケにしたりと、アレンジができるので、 ついつい、tく酸作ってし...
お総菜売り場で買った唐揚げは冷凍できる?温め方は?リメイクは?
お総菜売り場で買った唐揚げは冷凍できる?温め方は?リメイクは?
スポンサードリンク スーパーのお総菜コーナーの唐揚げ、安売りを していると、ついついたくさん買ってしまいます。 余ってしまった場合、どうしていますか? すぐに食べない場合は、冷凍するのですが、 風味がなるべく落ちないよう...
カレーがシャバシャバになるのはなぜ?治す方法はあるの?
カレーがシャバシャバになるのはなぜ?治す方法はあるの?
スポンサードリンク 2019年7月30日NHKあさイチクイズとくもり 「夏でも食べたい!カレー」で、カレーが シャバシャバになるのはなぜか?が放送 されました。 管理人にも、カレーがシャバシャバになった ことがありました...

1 Comment

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website