バレンタインデーの由来といつから日本でチョコを贈ることになったのか

バレンタインデーの由来といつから日本でチョコを贈ることになったのか

バレンタインデーは、チョコレートが飛び交いますね。
では、その由来、いつから日本で、このような習慣になったのかを
調べました。

バレンタインデーの由来
3世紀のローマでは、皇帝によって、結婚を禁じられていました。
兵隊となり、戦争に出向く彼らがただ国のために命を捧げられるように
とのことからです。

キリスト教徒のバレンタインはそんな若者たちをかわいそうに思い、
密かに結婚させていたんです。

皇帝はそんなバレンタインを許すはずもなく、バレンタインは処刑されました。

このバレンタインの処刑された日が2月14日なんです。

時代は、200年後のローマになります。
2月14日には、独身の男女がくじ引きでつきあう人を決めるという
お祭りが行われていたんですよ。

風紀の乱れを懸念したキリスト教は、このお祭りを廃止し、
キリスト教の殉教者を祀るお祭りにすることとしました。

そこで選ばれたのが、200年前、恋人達のために命を落とした、
かのバレンタインでした。

それ以降キリスト教で2月14日は、恋人達がギフトやカードを
贈り合う日として定着します。

バレンタインさんについて
バレンタインデーは、バレンタインという名前のキリスト教の
聖人に由来しています。

聖バレンタインは、3世紀頃ローマに実在したキリスト教司祭であり医師でもありました。

当時のローマ皇帝クラウディウス2世は、兵士が家族を恋しがって
軍の志気が低下しないようにという強引な理由で、兵士たちの
結婚を禁止していました。

現代では、考えられないことですね。

聖バレンタインは、結婚を望む兵士たちにこっそりと手を貸して
密かに結婚式をとり行なっていましたが、これが皇帝に知られてしまったんです。

さらに高まるキリスト教迫害の気運もあって、ついに269年(270年という説もある)
2月14日に処刑されてしまいました。

処刑される前に、女性に宛てた手紙に “From Your Valentine” と書き残したと
伝えられています。

これ以外にも、イタリアのテルニという場所に同名の司祭がおり、
この人物こそがバレンタインデーの起源だという説もあります。

しかし、エピソードの内容が非常に似ていることから、本来同一人物だったが、
伝えられていくうちに別々の人物のようになっていったのではないかとも
みられています。

スポンサードリンク

日本ではいつからチョコレートを贈るようになったのか
日本でのバレンタインデーの起源にはいくつかの説があります。

スポンサードリンク

神戸モロゾフ製菓(現在のモロゾフ)説は、東京で発行されていた
英字新聞『ザ・ジャパン・アドバタイザー』1936年2月12日付けに
同社が広告を掲載したことを重視するものです。

「あなたのバレンタイン(=愛しい方)にチョコレートを贈りましょう」という
コピーの広告だったんですよ。

メリーチョコレートカムパニー説は、同社が1958年2月に伊勢丹新宿本店で
「バレンタインセール」というキャンペーンを行ったことを重視する説です。

また森永製菓が1960年より「愛する人にチョコレートを贈りましょう」と
新聞広告を出し、さらに伊勢丹が1965年にバレンタインデーのフェアを開催し、
これがバレンタインデー普及の契機となったとする説があります。

しかし、「バレンタインデー」の文字がある広告が、昭和31年の
西武デパートや松屋の新聞広告や、昭和34年の松坂屋の新聞広告に掲載されています。

ソニー創業者の盛田昭夫は、1968年に自社の関連輸入雑貨専門店ソニープラザが
チョコレートを贈ることを流行させようと試みたことをもって
「日本のバレンタインデーはうちが作った」としています。

ただいずれにしても、すぐに大きな反響があったわけではなく、
商品もあまり売れなかったようです。

各種の説があるが、バレンタインデーが日本社会に普及したあとに、
自社宣伝のために主張されたために誇張も含まれると思われます。

昭和30年代には、バレンタインデーの贈答品はチョコレートである
という意識はまだなかったんですね。

当時のバレンタインデーの新聞広告によると、購入を勧める贈答品に
チョコレートは登場しなかったんですよ。

森永製菓の広告ですら、チョコレートは贈答品のおまけとして
位置付けられていたんです。

バレンタインデーの起源の一つとされる1960年の森永製菓の新聞広告には、
「チョコレートを贈る日」ではなく、「チョコレートを添えて(手紙などを)贈る日」
として書かれていたんですよ。

バレンタインデーに贈答品を贈るのは誰かという点でも
女性に限定されていなかったんですね。

ただ「愛の日」という点は強調されていたんです。

バレンタインデーにチョコレートを贈るようになったのは、
小学校高学年から高校生から始まったという。
昭和60年代には主婦層にも普及したんです。

長い年月をかけて、製菓会社が、商品を売るアイディアとして
誕生したのが、日本のバレンタインデーというわけです。

さて、今年は、バレンタインデーに、愛する人に、
どんなチョコレートを送りますか?

スポンサードリンク

Similar Posts
イースターとは2016年はいつ?何をして過ごす日なの?
イースターとは2016年はいつ?何をして過ごす日なの?
最近、イースターって、よく耳にします。 イースターとはなんのことなのか? 2016年のイースターっていつなのか...
札幌円山公園の桜の2016開花予想とアクセス&駐車場情報
札幌円山公園の桜の2016開花予想とアクセス&駐車場情報
2016年の桜開花予想が出ました。 北海道は、GWが終わってからが 多かったんですが、昨年は、ちょうど GWの...
小学校の入学祝いに両親からランドセルをもらったお返しは必要?
小学校の入学祝いに両親からランドセルをもらったお返しは必要?
春になると、新生活がスタートする方が多いのでは? その中でも初めての義務教育である小学校入学は 人生の節目を感...

There are no comments yet, add one below.

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website