米麹甘酒と酒粕甘酒の違いは?「飲む点滴」と言われているのは?

米麹甘酒と酒粕甘酒の違いは?「飲む点滴」と言われているのは?

スポンサードリンク

1月2月の寒い日には甘酒が飲みたくなります。
「飲む点滴」といわれるほど栄養価の高い甘酒。

ところで、甘酒には、米麹甘酒と酒粕甘酒が
あります。

スポンサードリンク



米麹甘酒と酒粕甘酒って何が違うのでしょうか

【酒粕甘酒】
酒粕とはその名の通り、お酒造りの際に出る搾りカスなんですね。
原料は酒米に発酵菌を加えてできた「もろみ」と呼ばれるものです。

この酒粕に水を加えて溶かし作られるのが酒粕甘酒です。
縁日などで多く振舞われているのはこちらの甘酒なんですよ。

少量ですがアルコールも含まれているんですよ。

【米麹甘酒】
味噌や醤油づくりに使われる「米麹」を使って作られる甘酒が米麹甘酒なんですよ。
ブドウ糖成分が多く含まれていることから「飲む点滴」とも呼ばれています。

※点滴はブドウ糖が主成分です。

甘酒ブームの火付け役になったのもこの米麹甘酒なんですよ。
アルコール成分は全く含まれていません。その違いは何なのでしょうか。

米麹甘酒と酒粕甘酒ってどちらがいいの?

米麹甘酒と酒粕甘酒、どちらがより健康に良いのかは、よく話題に上ります。

この二つですが、健康効果にもそれぞれ特徴があり、正直比べるのは
非常に難しいんですね。

例えば、ダイエットには油を排出する成分「レジスタントプロテイン」が含まれた
酒粕甘酒が良いと言われています。

しかし米麹甘酒には「麹菌」に含まれるビオチンが酒粕甘酒よりも多く含まれており、
肌荒れ・肌のくすみなどにも抜群の効果が期待できると言われています。

成分は違えど同じ様な効果や、それぞれに固有の効果があったりするので、一概に
こちらの甘酒が優れているとは言えないんですね。

自分にとって飲みやすいとか、得たい効果の目的などによって飲み分ければ良いのでは
ないかと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



インフルエンザの予防に効果が期待できる

私たちはご飯などから糖質を摂取しています。
それを体内で消化し、分解した後にブドウ糖として、それを小腸から吸収して
エネルギー源とするんですね。

けれども、甘酒は麹の働きですでにブドウ糖になっているので、
効率よく体内に吸収することができるんですね。

アミノ酸やビタミンB群、ミネラルなどの栄養が豊富で、吸収率も、
90パーセント以上なんですね

こんなサプリメントは他にはないですよね。
まさに日本が誇る優れた飲み物だといえますね。

甘酒が「飲む点滴」と言われるのも、こうした栄養価の高さと
素早い吸収率があるからなんですね。

ですから、インフルエンザの予防に効果が期待できるんですよ。
———————–
まとめ
————————
冬の寒い時から、夏の熱い時まで、暖かくしたり冷やしたり、
甘酒は、1年中楽しめる飲み物ですね。

スポンサードリンク



スポンサードリンク

Similar Posts
ドライカレーは常温保存できる?冷凍3ケ月経っても食べられる?
ドライカレーは常温保存できる?冷凍3ケ月経っても食べられる?
スポンサードリンク ひき肉を使って作るドライカレーは、ルーカレー と、また違うおいしさがありますよね。 チャーハンやドリア、ピーマンに漬けたり、 ライスコロッケにしたりと、アレンジができるので、 ついつい、tく酸作ってし...
お総菜売り場で買った唐揚げは冷凍できる?温め方は?リメイクは?
お総菜売り場で買った唐揚げは冷凍できる?温め方は?リメイクは?
スポンサードリンク スーパーのお総菜コーナーの唐揚げ、安売りを していると、ついついたくさん買ってしまいます。 余ってしまった場合、どうしていますか? すぐに食べない場合は、冷凍するのですが、 風味がなるべく落ちないよう...
カレーがシャバシャバになるのはなぜ?治す方法はあるの?
カレーがシャバシャバになるのはなぜ?治す方法はあるの?
スポンサードリンク 2019年7月30日NHKあさイチクイズとくもり 「夏でも食べたい!カレー」で、カレーが シャバシャバになるのはなぜか?が放送 されました。 管理人にも、カレーがシャバシャバになった ことがありました...

There are no comments yet, add one below.

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website