リンゴ病とは?妊婦が感染すると危険?

リンゴ病とは?妊婦が感染すると危険?

スポンサードリンク

2019年が始まって、早くも、リンゴ病が
流行しているというニュースが飛び今dきました。

リンゴ病というと、子供がかかる、ほっぺたが
赤くなる病気というイメージがありますが、
大人もかかるんですよ。

そして妊婦さんが感染すると、危険な病気なんです。

スポンサードリンク



リンゴ病とは

4~5歳を中心に幼児、学童が主にかかる感染症で、ヒトパルボウイルスB19が
病原体です。

典型的な症状が、両頬がリンゴのように赤くなることから「リンゴ病」と
呼ばれることがありますが、実際には典型的な症状ではない例や症状が
現れないケースもあります。

様々な症状があることが明らかになっているんですよ。
感染後約1週間で軽い風邪のような症状を示すことがありますが、
この時期にウイルスが体外へ排出し、感染させているんですね。

リンゴ病の症状

始めに頬が赤くなり、手足にレースカーテンのような「紅斑」という
赤い発疹が出て、時に体中に広がるんですよ。

腕、脚部にも両側性にレース様の紅斑が出現することがあります。
体幹部(胸腹背部)にまでこの発疹が現れることもあるんですよ。

大人のリンゴ病では子どものようにほほが赤くなることは少なく、
ほてった感じがするくらいですが、その2~3日後から、手や腕、太ももに
小さな赤い斑点が生じてくるんですよ。

大人だと、手首や指、膝や腰の痛みが強くなり、ひどいと、手の指が
曲がりにくくなったり、階段の昇降なども不自由を感じるようになるんですよ。

リンゴ病ではこのような紅斑や関節痛は、普通であれば、
一週間くらいで自然に治るんですね。

ところが、リンゴ病の色々な症状は、長いと3~4週間も良くなったり、
悪くなったりを繰り返すことがあるため、一度治ったと思った紅斑や関節痛が
再び出てくることがありますが、心配はないですよ。

感染しても、子どもでは30%、大人では60%の人は、症状(発疹など)が
現れないんですよ。

発疹は1週間位でひく事もありますが、その後も3週間程何回か出てくる場合や、
一度出た発疹が長引くこともあるんですよ。

ウイルスに感染してから紅斑が出るまでの期間(潜伏期間)は4~20日です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



妊婦さんは要注意です

妊婦さんの半数以上は、りんご病の免疫を持っていないんですよ。

妊娠期間中は、免疫力が下がっていますので、感染症には弱い状態と
言えるんですね。

二人目、三人目を妊娠中に、子供さんが、リンゴ病に感染し、看病している
お母さんが、こどものリンゴ病がうつった、という場合もあります。

大人になって、リンゴ病に感染した方の多くは、子供の看病をして
うつされたお母さんなんですね。

妊婦さんが感染すると、胎児水腫や流産の可能性があるんですよ。
妊娠前半期は、より危険性が高いといわれています。

貧血などの状態を起こす胎児水腫を合併し、流産や死産に至る可能性があります。

ですから、出来るだけ感染しないように、手を良く洗う、マスクをする、
ということが予防策になります

スポンサードリンク



スポンサードリンク

Similar Posts
水仙には毒があるのをご存知でしたか?どんな症状が出るの?
水仙には毒があるのをご存知でしたか?どんな症状が出るの?
スポンサードリンク 春一番が各地に吹き始めました。 春になると、伊織ロな花が咲きますね。 その中に、水仙がありますが。水仙には 毒があるのをご存知でしたか? 水仙の毒について解説しますね。 スポンサードリンク 水仙の毒と...
あさイチ@がんにかかる治療費やそれ以外のお金やがん保険の現実
あさイチ@がんにかかる治療費やそれ以外のお金やがん保険の現実
スポンサードリンク 2018年NHKあさイチで、がんとお金の現実問題が 取り上げられました。 がんは、手術をして終わりではないんですね。 抗がん剤、がん治療薬、通院の交通費、などなど 何に、どのくらいかかるのか、放送内容...
あさイチで知ったAYA世代のガンの悩み元SKE48 矢方美紀も語る
あさイチで知ったAYA世代のガンの悩み元SKE48 矢方美紀も語る
スポンサードリンク 2018年10月24日のあさイチでAYA世代のガンが 取り上げられました。 元SKE48の矢方美紀さんをゲストに迎え、 自身の乳がんについて語っていただきました。 仕事や不妊、家族との関係など、様々な...

There are no comments yet, add one below.

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website