美味しいご飯の炊き方はとぎかたや水加減使う水などのコツを伝授

美味しいご飯の炊き方はとぎかたや水加減使う水などのコツを伝授

新米の季節がやってきました。
毎日、何気なく炊いているご飯ですが、家庭でもできる
おいしく炊けるコツを伝授致します。

10月28日、NHKあさイチで美味しいご飯の炊き方を
行列のできる「ごはん料亭」料理長が編み出した驚きの炊飯の技が
放送されました。 

人気料理店に学ぶ、ごはんの炊き方
とぎ方
水で2回洗い流したあと、水をはっていない状態で、「握って離す」を
「40秒~1分間」続ける。
その後は、4回水を替えるだけ。
こうすることで、胚芽の部分にたまった「ぬか」を取り除くことができます。
※強く握りすぎると、米が割れてしまうので注意!

あちこちのTV番組で、最近の米は、あまり強くとぐと、米が割れてしまう
ということをみていましたので、あまりしっかりとがないようにしていました。

それが、具体的に知ることができて、なるほどぉ、握って離すかぁと
そのコツがわかりました。

甘みアップの方法
浸水が終わったらあと、炊飯器のスイッチを入れる前に、氷を入れます。
(2合に対して氷3つが目安)氷を入れた分だけ(およそ40グラム)、
水を抜くことがポイント
※水を抜かないと、炊きあがりがベチャベチャになるので注意!

炊飯器も、ピンキリですが、氷を入れて炊くなんて、
思っても見ませんでした。

ただ、この方法は、タイマーを使って炊くときにはNGですね。

なぜ氷を入れると甘みが増すのか?

お米の中に含まれる「分解酵素」が、でんぷんを分解して、
甘み成分の「グルコース」を作り出しています。
この分解酵素が働くのはおよそ80度まで。
氷を入れて温度を下げることで、80度に達するまでの時間が長くなり、
分解酵素がより働けるようになります。

甘み成分がわずかに増えることがわかりました。
※味に敏感な方がわかる程度の違いです。

味に敏感な方がわかる程度の違いということなので、
我が家には、あまり、効果がないかもしれません。

でも、お休みの日に1回試してみます。

スポンサードリンク

ご飯を炊くにしても、美味しいコーヒーを飲むにしても、
おいしい水が、味の決め手になりますね。

私も、時々、2時間かけて、おいしい湧き水を
汲みに行きます。

ご飯を炊く、コーヒーを入れる、湧水で作った氷でお酒を飲むと
味が全然違います。

といっても、なかなか毎日名水を誓うというわけにはいきません。

では水道水を使ってご飯を炊く場合に、どような工夫ができるかを
少し紹介しようと思います。

スポンサードリンク

ミネラルウォーターの選び方(硬水と軟水の違い)
水には硬度といって『含まれるミネラル類のうち、マグネシウムと
カルシウムがどのくらい含まれるか』によって基準が設けられており、
それらが多いものが硬水(こうすい)、少ないものが軟水(なんすい)
と呼ばれています。

日本の水は、主に軟水なんですね。
ですから、硬水には慣れていないですね。

ダイエットをする人に人気のある「コントレックス」という硬水は
私は、全く飲めません。

ミネラルウォーターの裏を見ると、硬度の記載があるものが多いのですが、
『ごはんを美味しく炊くには軟水(なんすい)がよい』とされています。

海外のミネラルウォーターに多い硬水(こうすい)でご飯を炊くと、
ごはんが本来持っている甘みや風味などがいかされないのです。

日本の風土で育った米には、日本に多い軟水が合うということだと思います。

ですので、水を購入する際に、裏面の硬度も一緒にチェックするとよいと
思います。

ミネラルウォーターでおいしい米が炊けることは
分かりましたが、そうそう毎日使えないという方に、
水道水のカルキ抜きの方法を伝授致します。

2. カルキぬきの方法/やり方
普段はなかなか気づきませんが、浄水器やミネラルウォーターの水と、
水道水の水を飲み比べるとよくわかりまね。

ミネラルウォーターは無臭なのに、水道水はなんだかツンとした
消毒液っぽいにおいがします。
これがよく聞く『カルキ臭』なのです。

水道水には水道法によって義務付けられている塩素消毒の処理が行われていて、
カルキ臭とは水道水に含まれる塩素によるものです。

浄水場から水道管を通して水を遠く離れた家庭に届けるため、
雑菌の繁殖を抑える必要があるからなんですよね。

そのおかげで、いつでも清潔で安全な水を飲むことが出来るんですね。

衛生的な水の普及のために塩素消毒は必要なのですが、
ごはんを炊く時は本来の水、つまり無味無臭の美味しい水の方が適しています。

ですので家庭でご飯を炊く場合では、できるだけカルキぬきを行って、
ご飯を炊くとより美味しいご飯となります。

その塩素(カルキ臭)を取り除くには、
「一度3~5分程度沸騰させる」「半日~1日程度汲み置きしておく」
「浄水器などを使う」等の方法があります。

このとき注意が必要なのですが、沸騰・汲み置きをする場合は
蓋をしないで行うことが大切です。

また、他には備長炭などもカルキ臭などの吸着性があるので、
数時間から半日くらい水道水に入れておく、という方法もあります。

要するに、湯冷ましを使うということですね。

そういえば、子供が赤ちゃんの頃、ミルクを作るのに
湯冷ましをいつも作っておいたことを思い出します。

あなたも、このちょっとしたコツで、毎日食べるご飯を
おいしく炊きませんか!

スポンサードリンク

Similar Posts
あさイチすご技Q で見たマヨネーズが目からウロコ!簡単レシピ 紹介
あさイチすご技Q で見たマヨネーズが目からウロコ!簡単レシピ 紹介
2017年9月12日、NHKあさイチのすご技Qでは、マヨネーズの 活用法を紹介しました。 ホットケーキの種に入...
あさイチ蒸し大豆で作るフムスやダイエットレシピ
あさイチ蒸し大豆で作るフムスやダイエットレシピ
7月3日NHKあさイチ「スゴ豆パワー料理」で放送された 蒸し大豆ダイエットレシピ 蒸し大豆のポテトサラダ風 蒸...
あさイチスゴ技Qインスタントラーメンをモチモチに仕上げる技
あさイチスゴ技Qインスタントラーメンをモチモチに仕上げる技
4月25日あさイチ須吾技Qでインスタントラーメンを、 ラーメン屋さんで食べるようなモチモチでおいしい 一杯に仕...

There are no comments yet, add one below.

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website