あさイチ 大根おろしをフワフワにする方法と疲れないすりおろし方

あさイチ 大根おろしをフワフワにする方法と疲れないすりおろし方

スポンサードリンク

2018年11月13日NHKあさイチ、クイズとくもりで
大根おろしをフワフワにする方法や、できるだけ
疲れないで降ろす姿勢などが紹介されました。
大根おろしは重労働と感じている多くの方に
参考にしていただけたら嬉しいです。

スポンサードリンク



大根おろしを今使っているおろし器でフワフワにすりおろす方法

大根おろしをすりおろしてみると、水気が多くてベチャベチャになっていること
ありませんか?

大根が採れている時期によって、水分が多いからでしょうか?
すりおろし方のせいでしょうか?
それとも使っている大根おろし器のせいでしょうか?

上位の3つは、大根おろしがベチャベチャになる原因ではありますが、
あさイチでは、下記の2点がふわふわで甘い大根おろしをするポイントだと
紹介していました。

1、利き手とは、逆の手を使う
2、丸く円をかくようにおろす

ダイコンをおろす時、力を入れておろすと、おろし器の歯が、大根に
入り込みすぎると、つぶが大きくて、シャキシャキになってしまいます。

また、大根自体に強い力がかかると、水分が出やすくなってしまう
からなんですね。

利き手と逆の手で、丸く円をかくようにすりおろすと、力が入りすぎず
ふわふわで甘い大根おろしができるんですよ。

大根おろしを疲れないでする姿勢

大根おろしって、意外と重労働ですよね。
あさいちに寄せられたFAXに、息子さんにお願いする、という方が
いたんですよ。

そこで、あさイチでは、筋肉博士の竹井仁さんに疲れ知らずのおろし方を
教えたいただきました。

1、大根の切り方
まず、大根は、テニスのラケットのグリップ部分のように、細く
切ったほうが握りやすくなるので、1/4にカットすることです。

片手で握った時に、親指と中指間が3センチほど空く太さがちょうど
いいんdすよ。

2.おろす時のポイント
ボウルにおろし器を斜めにおいて、持ち手はボウルの外側に出るように
おきます。

片足を前に出し、前後になるようにすると、おろし器に体重がかかって、
肘だけを使うより、楽に下せます。

手だけでおろすのではなく、体全体を使っておろします。
肩から前に行くように全身を使い、円を描くようにおろします。

座って降ろす場合は、椅子のお尻の部分に半分に折った座布団をおいて
おろすと、力が入れやすく疲れにくくなります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



意外と気になる大根おろしの臭いはどうする?

少し、時間がtった大根おろしって、口に運んだ時、なんだか臭うと
かんんじたことがありませんか?

においの原因は、おろすことで発生するメチルメルカプタンという成分なんです。
簡単に取り除くには電子レンジにかけるのが1番だというのですが、
それでは健康成分まで失われてしまうんですね。

レストランで、大根おろしの臭いを解消するために、大根おろしをふきんで
包んで、水洗いをしているんですね。

そして、水で洗った後の大根おろしに、おろし汁を少量加えると栄養も
損なわず、臭わない大根おろしになるんですよ。

ちょっと手間がかかりますが、おろしたてを食べられない場合は、においを
気にせずたべられますよ。

————————
まとめ
————————
大根おろしって、何も気にせず、重労働だなあっておもいながら、
力任せにおろしていました。

安いおろし器だし、水分の多いのが大根だと思っていました。
あさイチの放送の後、試してみたら、なるほど、ふわふわで甘い
大根おろしができました。

さんまの塩焼きに添えて、おいしくいただきました。

スポンサードリンク



スポンサードリンク

Similar Posts
白ご飯が黄色く変色していた!保温のせいだけじゃない原因とは
白ご飯が黄色く変色していた!保温のせいだけじゃない原因とは
スポンサードリンク 新米の季節がやってきました。 炊きたての白ご飯がたまらないですよね。 ところが、この白ご飯、炊飯器のふたを 開けたら黄色く変色していた、ということは ありませんか。 また、保温のスイッチをうっかり切り...
生クリームを液体のまま保存するとどうなる?解凍後の使い方は?
生クリームを液体のまま保存するとどうなる?解凍後の使い方は?
スポンサードリンク ケーキのデコレーションやシフォンケーキや パンケーキに添えたりする生クリームは お菓子作りの他にも、ウインナーコーヒーに 使ったり、ポタージュスープのコクを出すのに 使いますね。 ところが、案外1パッ...
栗は消化にいいのか悪いのか?食べ過ぎるとどうなる?
栗は消化にいいのか悪いのか?食べ過ぎるとどうなる?
スポンサードリンク 秋の味覚は色々ありすぎて、本当に肥えて しまいます。 その中でも、栗が旬を迎え、毎年、叔母から お落ち部の黒が送られてくるのが、とても 楽しみです。 ほとんど、茹で栗で食べるのですが、気になるのは 栗...

There are no comments yet, add one below.

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website