サーキュレーター冬に欲しい赤ちゃんに安全な機種3種は冬も大活躍

サーキュレーター冬に欲しい赤ちゃんに安全な機種3種は冬も大活躍

スポンサードリンク

生後7か月の赤ちゃんがいる息子夫婦が
アパートの1階に引っ越すことになりました。
済んでいるのはhっ街道札幌市です。

私も道営住宅の1階に住んだ経験がありますが、
冬になると、ひざから下あたりの空気が寒いんです。

そこで、息子にサーキュレータを買ってあげるのに、
赤ちゃんがいても安全な機種を探しました。
参考になればうれしいです。

スポンサードリンク



サーキュレーターに赤ちゃんがいる家庭が求める安全性とは

サーキュレーターの語るうえで、しっかりと把握しておくことは、扇風機との
違いです。
サーキュレーターは、空気のサーキュレーション(循環)を目的としています。
ヒトの体に風邪を当てることを目的としていません。

サーキュレータから出る風は、ホースから勢いよく出る水のようなもの、
一方扇風機から出る風は、シャワーを浴びるようなものなんですね。

ですから、北海道のアパートの1階の冬場は、天井に溜まってしまう暖かい
空気と、足元の冷たい空気を循環させて、部屋の暖かさを一定にしたいん
ですね。

なにせ、赤ちゃんは、床に近いところで生活をしますから、床に近いところの
室温が寒くないようにしてあげたいですよね。

まだ、ハイハイが中心の赤ちゃんのいるところで使うサーキュレーターには
どんなことが必要なんでしょうか。

・ファンが回っている時、指を突っ込んでしまわないだろうか
・音は静かなほうがいい
・首振りのほうが便利だ
・タイマーがあったほうがいい
・リモコンのほうが便利そう
・風を調節できた方がいい

上記のような点を考慮して選んだ商品がいくつかあります

アイリスオーヤマ サーキュレーター 静音 首振り ~20畳 ホワイト PCF-HM23-W


アイリスオーヤマ サーキュレーター 静音 首振り ~20畳 ホワイト PCF-HM23-W

商品サイズ(cm):幅約35.4×奥行約23.2×高さ約40
重量:約3kg
材質:ポリプロピレン、HIPS、ABS、Fe
電源:AC100V(50/60Hz共用)
消費電力首振り固定時 50Hz:20W/23W/26W 60Hz:21W/24W/26W左右首振り時 50Hz:23W/25W/28W 60Hz:23W/26W/29W
角度調整:6段階(-20~90°6段階)
コードの長さ:約1.4m
羽サイズ:23cm/枚数:3枚
価格 5,880円

色々なサイトを見て、赤ちゃんがいる過程で評判がよかったのがアイリスオーヤマの
このタイプです。
部屋の広さが、14畳のLDKと6増の二間が続いている間取りです。
空気を循環させる部屋の面積が20畳を超えることから、このサイズが
いいと思いました。

好奇心旺盛な孫なので、蚊b-の隙間から指を突っ込むのではないかと心配ですが
静穏という点と、価格が気に入りました。

VERSOS 羽根なしサーキュレーター ホワイト VS-S50 VS-S50


VERSOS 羽根なしサーキュレーター ホワイト VS-S50 VS-S50

サイズ:30.5×28.3×35cm
AC100V 50/60Hz
22W
1
リモコン、壁掛け用金属板、コンクリートネジ、取扱説明書(保証書)
●付属部品を使って壁掛けとしても使用できます。リモコンで操作できるので快適に
 ご使用いただけます。
●首ふり角度:左右 約45度(自動) 上下 約180度(手動)●タイマー:60分 120分
価格 6,980円

羽がないので、赤ちゃんの指が傷ついてしまう心配がないので、いいなあと
思ったんですが、音がうるさい、というレビューがちょっと多めでした。
赤ちゃんがお昼寝をしている時や、テレビを見ている時などに、
サーキュレーターの音が気になるというところが残念です。

山善 DCモーター搭載 23cm立体首振りサーキュレーター (静音モード搭載)(リモコン)(風量8段階ボリューム調整) タイマー付 ホワイトブラック YAR-AD231(WB)


山善 DCモーター搭載 23cm立体首振りサーキュレーター (静音モード搭載)(リモコン)(風量8段階ボリューム調整) タイマー付 ホワイトブラック YAR-AD231(WB)

本体サイズ:幅36.5×奥行24×高さ38cm
本体重量:2.6kg
消費電力:18W(微風時:7W)(50/60Hz)
操作方法:リモコン(本体収納式ワイヤレスフルリモコン)
電気代目安(1時間あたり):0.4円(50/60Hz)
風量:8段階(静音・2~8)(ボリューム式調節)
切タイマー:1・2・4時間
コード長さ:1.6m
価格 9479円

風量調節が8段階、かなり強力な風力で部屋の空気を循環させます。
風量を最大にした時に、ちょっと大東亜気になるけれど、それ以外は
さほど気にならないというところがいいですね。
上記の2つに比べると、少々お高いのですが、レビューした方の満足度が
かなり高いです。

循環させる部屋の広さが10畳以内ならいいなと思いました。

サーキュレーターは赤ちゃんの安全に注意して冬こそ活用すべき

サーキュレーターによって、天井付近の暖かい空気と、足元の冷たい空気を
循環させて、赤ちゃんが生活する高さを寒くないように保つことも
とても大切なんですが、ほかにもいろいろとメリットがあるんですよ。

まず、部屋干しした衣類の乾燥に使えます。
干した洗濯物に向けて、首振りをオンにして風を当てるのがおすすめです。
洗濯物の周りの湿った空気を入れ替えるだけで、乾くスピードが速く
なります。

また、洗濯物から出た湿気が、程よい加湿となります。
ただ、サーキュレーターに直接水滴が落ちたり、布が降れたりしないように
注意しないと故障の原因になりますよ。

二つ目は、結露防止につながることがあることです。
結露は、室内の温度と、外の冷気との差によって、窓に水滴がついて、
窓のサンなどに溜まってしまう現象なんですが、サーキュレーターに
よって、室内の温度に差がなくなると、結露もしずらくなります。

ただ、夜になって、カーテンをすると、窓と、室内の間に温度差が
生じてしまいます。

三つめは、加湿器と組み合わせて使えることです。
サーキュレーターはエアコンなどの空調家電と相性がいいんですよ。
加湿器の中に、加熱式のものがありますね。
こちらは、案外音が気になるんですね。

そこで、壁際などに離して置いて使うという方が多いと思います。
この場合も、サーキュレーターを使うと、離して置いていた加湿器がら
発生した蒸気が、程よく回ってきますね。
しかも、加湿器を置いておいたところの壁だけが、ビショビショになる
ということも防げます。

四つ目は部屋の喚起を素早くできることです。
換気をする時に開ける窓から室内に向けて、サーキュレーターを強風で
運転することで、部屋の換気を素早くすることができます。

そうすると、壁などの温まっているところを、あまり冷やさないで済みます
ので、換気後の部屋が早くあたたまりますよ。

————————
まとめ
————————
いかがでしたか。
天井に溜まってしまう暖かい空気をサーキュレーターで循環させることで
冬の室内を快適にすることができますね。
結局、冬の暖房費の節約にもなりますね。

赤ちゃんがいるからこそ、安全なサーキュレーターを使って、
少しでも、温かくて快適なお部屋にしたいですね。

スポンサードリンク



スポンサードリンク

Similar Posts
すみっコぐらしが人気の理由とキャラクター紹介
すみっコぐらしが人気の理由とキャラクター紹介
スポンサードリンク 今、「すみっコぐらし」というキャラクターが人気です。 その人気ぶりは子供だけではなく大人にも人気です。 「すみっコぐらし」が人気の理由とその愛すべき キャラクターを紹介します。 スポンサードリンク 「...
ドライブレコーダーの選び方3つのポイントとは
ドライブレコーダーの選び方3つのポイントとは
スポンサードリンク ここ最近のニュースを見ていると、 煽り運転や交通事故のドライブレコーダー の映像をよく見ますよね。 この映像が、動かぬ証拠となり、真実が 解明されることから、ダライ部レコーダーの 人気が急上昇していま...
Ubetter ドライブレコーダー 1080PフルHDは安いけど多機能で大人気
Ubetter ドライブレコーダー 1080PフルHDは安いけど多機能で大人気
スポンサードリンク ニュースでは、毎日のように交通事故の悲惨さが 報道されています。 容疑車両が、信号無視で侵入してきたのか、 どの程度のうぴーどが出ていたのか、などなど、 ドライブレコーダーがついていると、かなりの 実...

There are no comments yet, add one below.

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website