秋玉ねぎのケルセチンパワー活用術(NHKあさイチ9月30日放送)

秋玉ねぎのケルセチンパワー活用術(NHKあさイチ9月30日放送)

9月30日にNHKあさイチのスゴ技Qで秋玉ねぎに含まれる
ケルセチンの優れたパワーと活用術が放送されました。

秋以降に出回る玉ねぎのパワー
いま、北海道では、「たまねぎ」が旬をむかえています。
秋以降に出回る、たまねぎを朝市では「秋たまねぎ」と呼び、
そのパワーを紹介していました。。

「秋たまねぎ」は、春から夏に出回る「新たまねぎ」に比べ、
加熱すると甘くなります。
その上、注目の抗酸化物質ケルセチンの量が多くなっています。

番組では、ケルセチンの量を増やしたり、疲労回復パワーを引き出す技、
吸収しやすくしたりする技や、たまねぎを使った肉料理を
ワンランクアップする技など、「秋たまねぎ」のパワーを
徹底的に使いこなすスゴ技などを放送していました。

「秋たまねぎ」の特徴は、加熱すると甘く、煮ると煮崩れしにくいんですね。
その上、体にうれしい栄養成分が豊富に含まれています。

なかでも、注目の抗酸化物質のケルセチンが、ほかの季節のものに比べて
豊富に含まれていることがわかっています。

ケルセチンは、血管を柔らかくし、動脈硬化を予防する効果が
あることが今までの研究で認められています。

さらに、最新の研究では、脂肪肝の予防にも効果があることが
わかりました。

スポンサードリンク

ケルセチンをアップする方法は
ケルセチンは、フラボノイドの一種で、動脈硬化や脂肪肝の予防に
効果が認められています。

たまねぎの成分に詳しい北見工業大学特任教授の山岸喬さんによると、
ケルセチンの健康効果を期待するには、「秋たまねぎ」を
1日1個食べる必要があるとのことです。

ケルセチンは、たまねぎの細胞に刺激を与えることで増加するそうです。
中でも、日光にあてると、ケルセチンを効率良く増やすことができます。

個の時に、反応するまでに時間がかかるので、最低でも1日以上当てるのが
いいそうです。

4日で1.5倍増え、さらに1週間干すと3.5倍含有量が増えます。
ケルセチンが増えたたまねぎは、ほんのり緑色になります。

これは、葉緑素が増えたためですが、ケルセチンは葉緑素と一緒に増えるので、
この緑色がケルセチンが増えた証しと言えます。

ケルセチンは干せば干すほど増えます。しかし、干しすぎると外側が皮のように堅くなってしまうので、
1週間程度が目安です。また、たまねぎを切ってから干すと傷みやすいので、丸のまま干すのがオススメです。

スポンサードリンク

ケルセチン吸収率アップするには
たまねぎの細胞中に存在するケルセチンは、細胞を壊して、
中から出すことで摂取しやすくなるんですね。

放射状に薄切りにしたたまねぎを、2度に分けて電子レンジにかけ、
そのあと炒めます。

その結果、炒める時間を短縮しながら、効率的に細胞を壊し、
ケルセチンを出やすい状態にすることができます。

実は、、たまねぎのケルセチンは水に溶けやすいんです。
そこで、煮ることで、スープに溶け出させます。

ただし、ケルセチンはそのまま摂取しても、体に吸収されにくいんですよ。

ポイントは油と一緒に摂取することです。
ケルセチンが、腸で吸収されるとき、油があると吸収率があがるんです。

乳脂肪分たっぷりのチーズと一緒に食べるオニオングラタンスープは、
ケルセチンを吸収させるにはもってこいのメニューなんですよ。

疲労回復パワー たまねぎ万能だれ
たまねぎのうれしい健康成分は、ケルセチンだけではないんです。

細胞を壊すことで、たまねぎに含まれている含硫アミノ酸と酵素が
結びつきます。
さらに、それがビタミンB1と組み合わさることで、疲労回復効果が
期待できるアリチアミンという物質に変化します。

そこで、そのパワーを生かした万能だれを、たまねぎが大好きな料理研究家
、脇雅世さんが、番組中で紹介しました。

たまねぎと組み合わせる脇さんのオススメ食材は、きな粉とのりです。

きな粉とのりには、ビタミンB1が含まれているため、たまねぎに含まれる
成分と反応してアリチアミンができるのです。

まず、たまねぎはすりおろしたものとみじん切りをあわせること。

食感の違いを楽しむことができるだけでなく、たまねぎの細胞を細かく
壊しておくことで、アリチアミンの生成を促進させることができるそうです。

次に、切ったらなるべく早くきな粉と混ぜること。
また、切る前にたまねぎを冷蔵庫で冷やしておくこと、
きな粉と混ぜるときに湯せんすること。

そして、切ったあと2時間程度置くことで、さらに疲労回復パワーを
引き出すことができるそうです。

この万能だれは、サラダや冷ややっこはもちろん、刺身にかけて
カルパッチョのソースにしたり、肉を焼くときに炒め調味料として
使うこともできます。

お馴染み食材の玉ねぎですが、秋玉ねぎに備わっているパワーを
調理法で上手く引き出しましょうね。

スポンサードリンク

Similar Posts
あさイチ蒸し大豆で作るフムスやダイエットレシピ
あさイチ蒸し大豆で作るフムスやダイエットレシピ
7月3日NHKあさイチ「スゴ豆パワー料理」で放送された 蒸し大豆ダイエットレシピ 蒸し大豆のポテトサラダ風 蒸...
あさイチスゴ技Qインスタントラーメンをモチモチに仕上げる技
あさイチスゴ技Qインスタントラーメンをモチモチに仕上げる技
4月25日あさイチ須吾技Qでインスタントラーメンを、 ラーメン屋さんで食べるようなモチモチでおいしい 一杯に仕...
あさイチ「ラップの使いこなし術」がなるほどねぇが満載
あさイチ「ラップの使いこなし術」がなるほどねぇが満載
6月28日のNHKあさイチスゴ技Qは、ラップの使い こなし術でした。 普段何気なく使っているラップのちょっとし...

There are no comments yet, add one below.

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website