2018年9月6日北海道で起きた地震小樽での体験から必要な防災対策

2018年9月6日北海道で起きた地震小樽での体験から必要な防災対策

スポンサードリンク

2018年9月6日北海道で起きた地震によって、
多くの犠牲者が出ました。

私の住んでいる小樽は、幸い大きな被害は
ありませんでしたが、停電によって
困ったことがありました。

小樽は、自然災害の少ない土地ですので、
なんの備えもしていませんでした。

今回、地震による停電を体験して防災対策の
大切さを知りました。

取り急ぎ必要なものをかうのに現金が必要です

2018年9月6日北海道で起きた地震は、午前3時という、真っ暗な時に
起きました。
朝起きてみると停電は復旧せず、主人は電池式のラジオを聞いていました。

ラジオのおかげで、北海道に観測史上初めての震度7の地震が起きたこと、
苫小牧の火力発電所の故障のため、全道が停電していることを知りました。

さて、電気が使えないというのは、とんでもなく大変なことです。
とりあえず、チックのコンビニにカップラーメンを買いに行きました。

コンビニは、停電のまま営業していましたので、支払いは現金のみでした。

ホームセンターに単1の電池と、実家の母に頼まれた電池式ラジオと
次男の嫁さんに頼まれた、カセットボンベを買いに行きました。
結局、欲しいものはすべて品切れでしたが、コンビニ同様現金払いでした。

大きな地震なんて小樽にくるなんて、考えてもいなかったので、
なんの備えもしていませんでした。

急に、電池やらカセットボンベやらラジオなどが必要になった時、
手元に現金がないと何もそろえることができません。
私は、1万円程度の現金しか、持ち合わせていませんでした。

幸い、6日の午後4時ころには停電も解消したので、お金がなくて、
必要なものが買えない、という事態にはなりませんでしたが、
本当に現金が必要だと実感しました。

停電が起きた時に良かったこと

小樽は、地震による道路や建物の損壊などの被害はありませんでした。
しかし、停電が長引いたことで、生活に支障が起きました。
そんな中で、普段から備えておいてよかったことがあります。

1.スマホの充電が車で出来るようにしていた
私は、Iphoneとアイパットエアーを持っています。
アイパットエアーは、カーナビして使うことがあります。
この時、バッテリーがみるみる減っていくんですね。
それで、車で充電しながら使えるようにと、シガーソケットに
つけて使う充電器を備えていました。

2.電池式のラジオを持っていた
主人が仕事の時に使うことがあるので、小型の電位式のラジオを
持っていました。
これが、とても役に立ちました。
北海道の全域が停電したため、iPhoneとアイパットエアーの
受信状況が、よくなかったんです。
つながるときと、つながらない時がありました。
こんな時に、電池式のラジオは、情報を得るのに、本当に役に
たちました

3.4ℓの焼酎のペットボトル
9月6日10時半から断水する、という連絡が入りました。
そこで、浴槽に水を貯めました。
飲料用として、鍋と、4ℓの焼酎のペットボトルに貯めました。
4ℓの焼酎のペットボトルは、冬の融雪剤を車に積んでおくのに
便利なため、主人の友人から、時々ほしいと頼まれるため
常に4~5本用意していました。

地震の起きた日に、ホームセンターで、ポリタンクは、すぐに
売り切れになりました。
必要だからといって、買えなかった方が多かったんですね。

また、若くて元気のいい男性ならば、20ℓのタンクに水を入れた
状態で持ち運ぶこともできますが、女性や、年配者には、運ぶ
ことが難しいですね。

4ℓの焼酎のボトルや、2リットル程度のお茶や500mlのボトルであれば
女性や年配者でも、持ち運ぶことができます。
大量にストックしておく必要はないですが、ある程度の量は、
ストックしておくといいですね。

4.ガソリン
ガソリンは、タンクの残量が半分になると給油していました。
たまたま、地震の起きる2日前に満タンに入れていました。
実家の母の様子を見に行ったり、ホームセンターやイオン小樽店
南小樽生協に買い物に行くなど、移動に困りませんでした。

従妹は、ほぼカラになってからガソリンを入れようとして、
この停電にあい、給油制限があったため、あまり身動きが
取れませんでした。

5.米や調味料などのストック
ガソリン同様、米、みそ、しょう油、サラダ油、等々の調味料は
今使っているものの他にもう一つストックしていました。
これも、いつもの習慣です。
ただ、カップラーメンは、ほとんど食べませんので、2個しか
ありませんでした。

カップラーメンは6個くらいストックがあったほうがいいと
思いました。

また、トイレットペーパーやキッチンペーパなども、やはり
ギリギリでなく、ある程度減ったらストックしていました。
これも役に立った習慣でした。

6.懐中電灯
懐中電灯は、大き目のものと直径5センチ程度の2個ありました。
と買った記憶がほとんどありませんが、持っててよかったです。
ただ、電池は自然放電するので、ストックを持っていませんでした。

単一の電池が手に入るようになったら、8個は買っておきますね。

あればいいと思ったもの

北海道の地震で小樽では、停電と、一部の地域の断水が2日間程度
だったんですね。
幸い、ガスは使えました。

ですが、カセットボンベ四季のガス台があればいいと思いました。
実際、次男夫婦の家は、コントロールパネルで、すべてを制御する
システムだったため、ガスも使えませんでした。

こんな時に、調理もそうですが、お湯を沸かすだけでも、とても
必要です。

今回の地震は、たまたま、暖房のいらない時期に発生しました。
もしこれが、冬の寒い時期だったら、灯油ストーブも電気で
コントロールしているため、使えません。

電気が必要のないストーブが必要ですね。
少しくらい厚着をしても、2日間も暖房が止まったら、耐えられません。
避難所の準備ができるまでの間、ストーブが不可欠です。

ポータブルの、小さな灯油タンク式ストーブもいいですが、
ガスのカセットボンベ式のストーブがあるんですね。

我が家のように、普段灯油タンク式のポータブルストーブを
使わない家庭だと、ガスのカセットボンベ式のストーブが
便利ですね。


スポンサードリンク

Similar Posts
2018年9月6日北海道で起きた地震小樽での体験談 9月8日
2018年9月6日北海道で起きた地震小樽での体験談 9月8日
スポンサードリンク 北海道に地震が起きてから3日が経ちました。 小樽市内でも、停電が復旧してきましたが、 まだ...
2018年9月6日北海道で起きた地震小樽での体験談 9月7日
2018年9月6日北海道で起きた地震小樽での体験談 9月7日
スポンサードリンク 2018年9月6日に起きた北海道地震で、北海道全域が 停電になりました。 北海道全域に電力...
2018年9月6日北海道で起きた地震小樽での体験談
2018年9月6日北海道で起きた地震小樽での体験談
スポンサードリンク 2018年9月6日午前3時ころ、北海道に観測史上初めての 大地震が起こました。 私の住んで...

There are no comments yet, add one below.

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website