梅干しはなぜすっぱい?酸っぱいから体にいいの?

梅干しはなぜすっぱい?酸っぱいから体にいいの?

スポンサードリンク

日本の伝統食といってもいい梅干しですが、酸っぱいものから
はちみつ漬けのようにあかり酸っぱくないものまで
色々ありますが、体にいい食材だと言われています。

馬干しはすっぱいから体にいいのか?を調べてみました。

梅干しはなぜ酸っぱいのか

梅干しは、よく熟した梅の実を塩で漬け込んで作りますよね。
その後干すと、梅干しの出来上がりです。
梅干しを思い浮かべただけで、酸っぱさが浮かんできて
つばが出てくるのでは?

この酸っぱさの原因は、梅干しに含まれている「クエン酸」や
「リンゴ酸」などの「酸」によるものなんですよ。
これらが、梅の実に、はじめから含まれているんですね。

梅干しに引けをとらない酸っぱいレモンも酸を含んでいるんですね。
レモンの酸っぱさのもとはクエン酸なんですよ。

クエン酸は、ミカンやグレープフルーツにも含まれます。
かんきつ類に多く含まれているんですよ。

ちなみに、酢の酸っぱさは、「酢酸」です。
ヨーグルトの酸っぱさは「乳酸」が元になっているんですよ。

梅の効能の数々

【豊富なミネラル・カルシウム】

「ミネラル」という言葉をよく聞きますよね。
骨、歯、血液組織液なんどの人間の体を形成しているものの中には
鉱物性の栄養素(カルシウム、リン、水、鉄分など)が含まれて
いるんですね。

これらが、よく聞く「ミネラル」なんですね。
不足すると、体のバランスが崩れてしまい、色々な病気を
引き起こすことがあるんですね。

梅には、体に必要なミネラルが豊富に含まれているんですよ。
梅のみなラル含有量は、ミカン、リンゴ、ブドウなどよりも多く
含まれているんですよ。

リンゴに比べると、梅の実は小さいですが、カルシウムはリンゴの4倍、
鉄は6倍も含まれているんですよ。
マグネシウムや亜鉛も、梅の実のほうが多く含まれているんですよ。

【疲労回復効果が期待できます】

梅の酸味成分であるクエン酸やリンゴ酸は、糖質の代謝を促し
活性化させる働きがあるんですね。
糖質を、スムーズにエネルギーに変換する働きが期待できるんですよ。

そのため梅は、疲労回復や腰痛、肩こりなどの緩和、老化防止、
疲れにくい体、などに効果が期待できるんですよ。

【唾液の分泌を促進させる】

梅の酸味成分でもある「クエン酸}は、唾液の分泌を促して
食欲を増進させるんですよ。
その上、胃液やその他の消化酵素の分泌を高めて消化吸収を助けて
くれるんですよ。

さらに、梅に微量に含まれているピクリン酸は、腸の働きを活発にし、
便通の改善も期待できるんですよ。

【梅はアルカリ性食品】

私たちの体が健康でいるためには、体液(血液や細胞液)を弱いアルカリ性に
保つ必要があるんですよ。

ところが、ご飯やパン、肉や魚などの食品の多くは、酸性なんですね。
また、お酒も体を酸性にしてしまうんですね。

体が酸性化してしまうと、血液はドロドロになり、毛細血管の血流が
悪くなり、血行不良を引き起こすことがあります。
そうすると、免疫力も低下して病気の原因になってしまう
ことがあります。

体のためには、アルカリ性食品を食べて、酸性を中和させることが
必要になるんですね。

梅干しは、酸っぱいんですが、アルカリ性食品なんですよ。
しかも、ほんの少し食べただけで、酸性を中和させることが
できるんですよ。

牛肉を100g食べた時に中和させるには、キュウリだと約9本も
必要なんですが、梅干しだと5g(1/2~1個)だけでいいんですよ。
野菜を食べるより効果的ですね。

【梅はカルシウムや鉄の吸収を助ける】

現代人は、カルシウムと亜鉛が不足しがちであることが
問題になっていますね。
カルシウムは、成長期にもとても必要な栄養素ですが、
更年期以降の骨粗しょう症の予防にも非常に大事なんですね。

カルシウムというのは、、吸収率が、あまり良くないんですね。
クエン酸などの有機酸には、吸収率の低いカルシウムや鉄の吸収を促し、
カルシウムが骨から持ち出されるのを防ぐなどの働きがあると
いわれているんですよ。

つまり梅を毎日食べると、体内でのカルシウム定着率が徐々に
高まっていくことが期待できるんですね。。


スポンサードリンク

梅は肝機能を強化し稀有流を改善効果が期待できる

【血液がサラサラに】

梅には、ピルビン酸という成分が含まれています。
ピルビン酸は、肝機能強化が期待できると言われています。

また、ジャムや梅肉エキスなど、梅を加熱した製品は、
梅に含まれている糖とクエン酸が結合したムメフラールという
成分が作られます。

ムメフラールは、血流を改善し、血栓予防、動脈硬化予防に
効果g期待できると言われています。

また血液中にコレステロールが溜まるのを抑え、酸素や栄養分の供給が
スムーズになることで、老廃物の排出を促進し疲労回復も期待できるんですよ。

新陳代謝が活発になるので老化を抑えることにも繋がるんですね。

【食中毒の防止にも】

ジメジメした時期のお弁当のご飯に、梅干しを入れませんか?
ごはんが傷まないようにするための知恵ですよね。

梅に含まれているクエン酸は、殺菌・除菌効果が大きいんですよ。
クエン酸が微生物の繁殖を抑えてくれるからなんですね。
お腹に中に入ると、胆汁の働きを活発にし、食中毒の原因となる菌
に対しての効果も期待できるんですね。

また、最近の研究で、胃がんの発症の原因の一つになる
ピロリ菌を抑制する効果が期待できることもわかってきました。

【美肌や老化防止につながることも】

肌のシミ、シワ、くすみなどの原因のひとつとして、内臓の老化が
あるんですね。

梅に含まれるクエン酸は、新陳代謝を促し体内の老廃物の排出を促進
してくれるんですよ。
このことにより、むくみの解消、美肌や老化防止なども期待できるんですよ。

それに、梅にはポリフェノールやビタミンEなどの抗酸化成分が含まれ、
野菜や果物の中でも優れた含有量なんですよ。

—-
まとめ
————————

スーパーに行くと、様々な種類の梅が並んでいますね。
安いものは、原産国が中国のものがほとんどです。

そこで、どうしても、ある程度の値段の、国産の梅干しを
買うんですが、もう少し安く買えたら、いいのになあと
思います。

んsにで、上記の通り、梅は、毎日食べたい食材ですもんね。

スポンサードリンク

Similar Posts
【あさイチ】腸を整える食物繊維の上手な取り方と糖質制限の関係
【あさイチ】腸を整える食物繊維の上手な取り方と糖質制限の関係
スポンサードリンク 7月25日のNHKあさイチ、みんな!ゴハンだよで放送された 「食物繊維が豊富な食材・多く摂...
|ローカーボのパンスーパーやコンビニの市販品が増ええます
|ローカーボのパンスーパーやコンビニの市販品が増ええます
スポンサードリンク 最近、糖質制限という食べ方が何かと話題になっています。 ご飯やパンをあまり極端に減らす食事...
マツコの知らない世界でマツコ絶賛!札幌ユリや食堂のラーメン
マツコの知らない世界でマツコ絶賛!札幌ユリや食堂のラーメン
スポンサードリンク 2018年6月26日に放送された、マツコの知らない世界で 中華そばのおいしいお店として、札...

There are no comments yet, add one below.

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website