ご飯大好きアラ還が糖質制限についてと食べる方法を考えた

ご飯大好きアラ還が糖質制限についてと食べる方法を考えた

スポンサードリンク

最近、糖質制限についての賛否両論をよくみかけます。
アラ還の私にとって、美容目的のダイエットというよりは、
健康を維持するための食生活の方法として、糖質制限が
気になります。

ご飯大好き人間が、ご飯やパン、麺類などの炭水化物を
制限するって、ちょっと大変です。

そこで、糖質制限について、ちゃんと知ろうと思い、
色々と調べました。

日本人んは縄文時代からお米を食べている

日本人は、縄文時代から、お米を食べていきてきたんですね。
その時代は、狩りをして暮らしていたんですが、獲物が常に
獲れていたいたわけではないんですね。

獲物が獲れない日は、食べ物にありつけない、ということも
あったんですね。
要するに、アフリカで生き抜いているライオンのようなもの
だったんですね。

そこで、食べるものに困らないように、と始めたのが米を作る
ことだったんですね。
だから、日本人は、米を主食としてきたんですね。

昭和世代の私の朝ごはんは、パンも食べるけれど、やっぱり
ご飯と味噌汁なんですね。

ここ最近、ご飯やパン、麺類などの炭水化物は、太るもと、
痩せたければ、糖質制限をすべし、といわれていますよね。

特に、結果にコミットする「ライザップ」のCMをよく見るように
なってから、推奨する食事方法として、糖質制限が注目を
集めるようになりましたよね。

だって、佐藤ひとみさんが、わずか3ケ月程度で12キロもやせた
姿をみると、糖質制限に興味が湧いてきますよね。

その反面、やはりテレビ番組を色々見ていると、糖質制限に異議を
唱えていますよね。

糖質も人間にとって、必要な栄養素だから、ちゃんと摂取しないと
いけない、というものです。

脳の栄養は、唯一糖分だけなんだから、糖質制限をしてしまうと
脳の働きが低下してしまう、というんですね。

縄文時代から食べられてきたお米なんだから、全く食べない
というのは、どうも不思議な気がするのは私だけなんでしょうか?

とはいえ、ご飯の食べ過ぎは、確かに太る原因の一つになるのは
確かだし、血糖値が気になる方にとっては、食べ方や量を
考えなければならないのも事実なんですね。

スポンサードリンク

お米の栄養と炭水化物のいい点悪い点

さて、大好きなご飯、お米の栄養ってどんなものでしょうか?
ヒトは、動かなくても、息をしているだけで、エネルギーを
消費します。

このエネルギーは、「炭水化物」「タンパク質」「脂肪」の3つが
エネルギー源になるんですね。
この3つの中で、炭水化物からエネルギーを接収する割合が60%になるのが
理想だとされているんですね。

素の炭水化物を最も多く含んでいるのがお米なんですよ。

米100グラム中の栄養成分は以下になります。

炭水化物:77.1g
水分:15.5g
脂質:0.9g
ビタミン・ミネラル:0.4g
たんぱく質:0.1g

お米の栄養のほとんどが、炭水化物、つまり糖質(でんぷん)
なんですね。
おいしいご飯は、主食として、飽きずに食べ続けられますよね。

ただ、お米などの炭水化物(糖質)を摂りすぎると、身体に
よくない、といわれているんですね。

【炭水化物(糖質)のデメリット】
炭水化物は、人間のエネルギー源として最適なんですが、
血糖値を上昇させる、というデメリットがあるんですね。

なぜ、血糖値が上がると体に良くないんでしょうか。
私たちの体は、食べ物を口に入れても、そのままでは吸収できない
んですね。

炭水化物を吸収できる形にして、それから吸収できるシステムが
正常に働いて、はじめて、エネルギーに変換されるんですね。

身体に入った糖質は、分解されて、ブドウ糖というエネルギーになって
体中の細胞にと祖けられるあめ、血液の中に入るんですね。

その時に、血糖値が上がるんですね。
それが、インスリンというホルモンによって、各細胞に送り込まれる
ことで、血糖値が下がるんですね。

ところが、摂取する糖質が多すぎたり、インスリンが正常に
働かなかったらどうなるのでしょうか。

そうなると、血液の中に、余分な糖質があふれてしまい、中性脂肪に
変換されて、肥満の原因となってしまうんですね。
その上、糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病につながりかねない
んですね。

【炭水化物(糖質)のメリット】

炭水化物(糖質)は、太る、とスリムな体系を維持したい方たちに
敬遠されがちですね。
でも、血糖値が上がることで満腹中枢を刺激する、という働きがあるんですね。

満腹中枢が刺激されると体にエネルギーが十分満たされたと認識され
脳から、もう食べなくてもいいよ、というサインが出るんですよ。

人類の歴史は、飢餓との戦いだったんですね。
血糖値が満たされない状態が長く続くことは、死を意味すること
だったんですね。

生命を維持することは、とても重要なことだったんですよ。
それが、現代のように、食べ物があふれている状況になっても、
続いているんですね。

炭水化物を摂取することで、血糖値が上昇するということで、
本能的に、生命の危機を感じずに済むんですよ。

ご飯は食べる順番を変えるだけで血糖値の上昇を抑えられる

ご飯大好き、朝食は何といってもご飯と味噌汁、という私にとって
太るから、とか、血糖値が上昇するから、とか言った理由で、食べない
といという生活は、考えられません。

そんな管理人にとって「食べる順番を変えるだけで、血糖値の上昇を
抑えられる」「ダイエット中も炭水化物を食べてもいい」という
テレビ番組を見たんですね。

何という番組だったか覚えていないのですが、数回見ています。
ご飯大好きなわが夫婦にとって、とてもいい内容でした。

それは、食事をする時、「食べる順番を考えればいい」という
内容だったんですね。

人間の消化吸収のスピードは、コーラや缶コーヒーなど、液体の糖質が
一番早く、次に炭水化物、肉や魚などのたんぱく質、食物繊維が豊富な
野菜類という順番なんですね。

そこで、消火に時間がかかる野菜やたんぱく質を先に食べ、最後に
糖質を食べることで、血糖値の上昇が緩やかになるんですね。

また、先に野菜やたんぱく質を食べることで、お腹が満たされると、
ご飯の食べ過ぎが抑えられる、というわけです。

我が家では、まず最初に野菜を食べ、肉やたんぱく質を次に食べ、
最後にご飯を食べるようにしています。

この順番をあ盛ることで、太ることはありません。

————————
まとめ
————————

大好きなご飯を、制限することなく、血糖値を抑え、太ることが
内容に工夫することで、健康的な毎日が送れる一つの方法なんですね。

食べる順番を考えて実践することなら、すぐにでも一考できそうですね。

スポンサードリンク

Similar Posts
【あさイチ】腸を整える食物繊維の上手な取り方と糖質制限の関係
【あさイチ】腸を整える食物繊維の上手な取り方と糖質制限の関係
スポンサードリンク 7月25日のNHKあさイチ、みんな!ゴハンだよで放送された 「食物繊維が豊富な食材・多く摂...
|ローカーボのパンスーパーやコンビニの市販品が増ええます
|ローカーボのパンスーパーやコンビニの市販品が増ええます
スポンサードリンク 最近、糖質制限という食べ方が何かと話題になっています。 ご飯やパンをあまり極端に減らす食事...
梅干しはなぜすっぱい?酸っぱいから体にいいの?
梅干しはなぜすっぱい?酸っぱいから体にいいの?
スポンサードリンク 日本の伝統食といってもいい梅干しですが、酸っぱいものから はちみつ漬けのようにあかり酸っぱ...

There are no comments yet, add one below.

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website