卵は1日何個まで食べてもいいの?1日1個までだと思っていたのに

卵は1日何個まで食べてもいいの?1日1個までだと思っていたのに

スポンサードリンク

あなたは、卵は1日何個まで食べてもいいと思っていましたか?
私は、1日1個、多くとも2個までだと思っていました。

ところが、林修の今でしょ講座や色々な番組で、卵は1日何個
食べてもいい、と放送されたんですね。

厚焼き玉子が大好きな旦那様と、目がテンになりながら番組を
見ていました。

そこで、卵は、実際に1日何個まで食べてもいいのかを
調べてみました

卵は1日1個までという説はどこから?

あなたは、卵は1日何個まで食べていいと思っていましたか?
私は、1日1個までと思っていました。

卵の卵黄は、食べすぎるとコレステロールが溜まってしまう、
と言われていたからなんです。

ところが、最近、あさイチや林修の今でしょ講座などで、
卵は1日に何個食べてもいいと言っているんですね。

そもそも、この卵は1日1個説というのは、どこから
出てきたんでしょうか?

この説は、1913年、今から100年以上前のロシアでの実験の結果
によるものなんです。
ウサギに卵を食べさせる実験をしたんですね。

その結果、卵を食べたウサギに動脈硬化や血中コレステロールの
増加が確認されたんです。
それで、「卵の食べすぎは体に悪い」という説が一般的になったんですね。

でもね、ウサギって、草食動物ですよね。
これでは、人間の体に及ぼす影響と一致しないんですよね。
ですから、のちに、ロシアの実験をした方たちは、結果が
間違いであると認めて、発表したんですね。

ですが、卵は1日1個説が、スーッと独り歩きをして、今に
至りました。


卵の食べすぎってコレステロールが溜まる?

前述した通り、卵の摂取量で、どの桜な影響が起きるかの
実験をした動物は、うさぎでしたね。

ですが、ン減の体には、卵の食べ過ぎでコレステロールは
本当にたまらないのでしょうか。

最近の実験で、普段の食事以外に、1日に卵を3個づつ、2週間
食べ続けて、コレステロール値を測ったところ、ほとんど変化が
なかった、という結果が得られました。

ところで、コレステロール、というと、悪者、と頭から決めつけて
いませんか?
実は、コレステロールは、人が生きていくうえで必須の栄養素なんですよ。

コレステロールは、80%を血内で精製し、20%を食事から摂って
いるんですよ。
健康な人なら、体内でコレステロール値を一定にたもつ機能が
働くので、毎日3個くらいの卵を食べても、コレステロール値は
上昇しないんですね。

その上、卵黄に多く含まれているオレイン酸やレシチンが、
「善玉コレステロール」の量を増加させるため、身体に負担を
かけずに良質のコレステロールを摂取することができるんですよ。

卵の食べ過ぎで注意したいのはコレステロールよりカロリー

卵の食べ過ぎで、コレステロールが上昇することは、ほぼないという
ことが分かりました。

それでは、卵の食べ過ぎでっ注意しなければならないことは
どんなことなのでしょうか?

それは、カロリーなんですね。
卵は、1個100キロカロリー程度なんですね。

ですから、食べ過ぎると摂取カロリーが気になるところですね。

また、いくら、卵は栄養バランスに優れている、といっても、
卵しか食べない、というのは、やはり、いいことではありません。
ダイエットのために、ゆで卵しか食べない、という食べ方は
とてもお勧めできないんですよ。

————————
まとめ
————————
卵は、1日に1個しか食べてはいけないというのは、間違い
だったんですね。

色々な料理にとても重宝な卵を上手に取り入れたいですね。

スポンサードリンク

Similar Posts
【あさイチ】腸を整える食物繊維の上手な取り方と糖質制限の関係
【あさイチ】腸を整える食物繊維の上手な取り方と糖質制限の関係
スポンサードリンク 7月25日のNHKあさイチ、みんな!ゴハンだよで放送された 「食物繊維が豊富な食材・多く摂...
|ローカーボのパンスーパーやコンビニの市販品が増ええます
|ローカーボのパンスーパーやコンビニの市販品が増ええます
スポンサードリンク 最近、糖質制限という食べ方が何かと話題になっています。 ご飯やパンをあまり極端に減らす食事...
梅干しはなぜすっぱい?酸っぱいから体にいいの?
梅干しはなぜすっぱい?酸っぱいから体にいいの?
スポンサードリンク 日本の伝統食といってもいい梅干しですが、酸っぱいものから はちみつ漬けのようにあかり酸っぱ...

There are no comments yet, add one below.

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website